【薬物=逮捕?】日刊ゲンダイ:アカデミー賞俳優K,平成歌姫H,大麻逮捕歴歌手N,五輪メダリストK,アイドルAは誰?

業界の闇

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

日刊ゲンダイが報じた、ピエール瀧容疑者に続く第二の逮捕者に関する報道が話題になっています。日刊ゲンダイによれば、以下のように報じています。

写真誌「フライデー」は、芸能人のクスリの入手ルートについて「身バレを防ぐために何人もの仲介人を通じて取引をするのが通例だ。自分の手元に薬物が届くまでに何重もの予防線を張り巡らせている」と報じた。瀧容疑者は当局の調べに「完落ち」したとされ、何重もの予防線まで、密売図が解明されているとすれば、「芋づる式」にこれからも逮捕者が出てくるということか。「次は誰だ」とフライデーなどで特集が組まれるのは、そうした臆測に立ってのものだろう。

よく名前が挙がっているのは、俳優で監督や歌も歌っている『K』。日本アカデミーで最優秀主演男優賞に輝いたこともある一方、奇行でも知られている。平成の歌姫『H』やら大麻で逮捕歴のある男性歌手『N』、元五輪メダリスト『K』にアイドルグループ出身の『A』なども挙がっていますね」(ドラッグ事情に詳しい週刊誌ライター)

当サイトでも、これらの第二の逮捕者報道については度々報じてきました。

【逮捕?】フライデー薬物疑惑の超売れっ子俳優Tや紅白&日本レコード大賞歌手Mは誰?

直近では、上記のフライデー報道が大きく報じられ、世間の関心を集めました。

最近は週刊誌によるこの手の報道が多いですが、本当に芋づる式の逮捕となるでしょうか?


薬物で逮捕?日刊ゲンダイが報じた有名人は誰?

このような報道が出た場合、世間の関心事は『その伏せ字にされている有名人が誰なのか?』ということでしょう。

ただし、これらについては捜査中であり、確かな証拠がない限り明言することはできません。

そのため、以下では具体的な人物名を取り上げることはできませんが、状況から考えて明らかな事実の範囲内で絞り込んでいます。

アカデミー賞俳優K、大麻逮捕歴歌手N、アイドルAについて

まず、今回の日刊ゲンダイ報道で出たアカデミー賞俳優K、大麻逮捕歴歌手N、アイドルAという3名について。

アカデミー賞俳優というと、数は多いですが、過去に奇行などが報じられているということから考えて、映画『凶気の桜』などに出演した俳優なのではないか?という噂が多く流れています。

一方、歌手NとアイドルAについては、候補が多すぎて絞り込むのはなかなか難しいでしょう。

歌手Nは筋肉隆々の大御所歌手、アイドルAについては、元グループで活動していた男性アイドルなのではないか?といわれています。

平成歌姫H,、五輪メダリストKについて

一方、歌姫Hと五輪メダリストKについては、イニシャルだけでかなり絞り込まれるでしょう。

平成の歌姫と呼ばれた人物はあの人くらいしかいないと思いますし、五輪メダリストでイニシャルKというと。。。。

だいたい想像できますよね。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

この手の事件で逮捕者が出ると、決まって、芋づる式で、人気俳優Xだの人気ミュージシャンYだの逮捕って話になるけど、今だかつて芋づる式になったことない。。

爆笑問題らの事務所タイタンは、所属タレント全員に対して抜き打ちで薬物検査を行っている。
他の事務所もこれに倣うべきだろう。

いい加減、業界全体でクスリ撲滅運動するべきとは思うが、まぁ無理だろうな。
所属タレントに疑いがあったとしても、検査して確定なら事務所的にも色々とダメージでかいし。
稼ぎ頭、売れせんならなおさらだし、大量逮捕にでもなったら負債で事務所消滅。
下手したらお偉方がやってる可能性もあるし。

警察内部では色々芸能人の名前が多数上がってる様だが、そう芋づる式には逮捕までこぎ着けないだろうかと思う。過去に芋づる式で出た例がないからね…。でも、芸能界の闇というか、薬で逮捕されても暫くすれば、いつの間にか復帰して又、芸能人として仕事が出来ている段階でおかしい! 特にアーティストというか歌手活動とかしてる人が曲作り時にクスリで感覚が研ぎ澄まされる様な感じがするとかって、いう理由で使用していたとか、色々コメントしていたが、悪いものは悪いんだから、マトリには対象者には徹底的に調査し、証拠をつかんで一斉に逮捕して欲しい思う。

メダリストはピーチジョンマンションとかの話でも出てた人でしょ?あとはわからないけど、まだまだこれから逮捕者出そうな感じですね

完落ちかどうかなんて わかるはずないよね
もしわかったら警察内部でベラベラと口外してる人間がいるって事だから、そっちの方が問題だと思う

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。