伊藤忠がアベノマスク製造元と判明↓政府配布マスクは日本製?

ビジネス

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

4月21日夜、朝日新聞デジタルが政府配布マスク(通称アベノマスク)の製造元3社を報じました。

これによると、アベノマスクの製造元会社は以下の3社とのこと。


・興和株式会社
・伊藤忠商事
・マツオカコーポレーション

以下の記事でも言及していますが、受注額トップの興和についてはすでにネット上で噂になっていました。

マツオカコーポレーションがアベノマスク製造元と判明!安倍首相と政府配布マスクの評判

2020年4月21日

ここでは、マツオカコーポレーションとともに初めて名前が出た伊藤忠商事について、詳しく取り上げていきます。


伊藤忠がアベノマスク製造元と判明

この件について、朝日新聞デジタルは以下のように報じています。

政府は当初、製造元などを明らかにしておらず、野党から開示を求める声が上がっていた。

回答によると、受注したのは興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社で契約金額はそれぞれ約54・8億円、約28・5億円、約7・6億円の計約90・9億円だった。マスクの枚数など契約の具体的な中身は示されていない。

ついに企業の具体的な名前が出てきました。

このなかでも、伊藤忠商事は特に有名な企業で、大学生の就職したいランキングでも毎年上位に食い込む人気企業です。

ネットなどでは興和やマツオカコーポレーションがマスク製造を請け負うのは分かるが、伊藤忠がマスクを受注する理由がわからないという声があがっています。(伊藤忠は更に外注しなければマスクの製造は不可能と思われるため)

政府配布マスクは日本製?

政府が配布した布マスクについては、ネット上で日本製なのか?という議論が持ち上がっていました。

実際に配布が始まり、手元に届いて不良品だったというトラブルが続出していることも、この議論に拍車をかけたようです。

そして、今回の報道でも記載された受注額トップの興和がアベノマスクの製造元と噂になった際に、製造元が日本では無いということも話題になりました。

こちらの投稿では、財務大臣を務める麻生氏との関連についても言及されています。

差額が今後の議論の焦点

今回の公表により、誰の目から見ても不自然なのはマスクに掛けられた予算と、実際の受注額合計です。

上記の通り、報道にある予算466万円との差額はおよそ375億円

これほどまでに大きな金額が、一体どこに消えたのか?

これについて、野党は今後徹底的に追求していく構えを見せています。

マツオカコーポレーションがアベノマスク製造元と判明!安倍首相と政府配布マスクの評判

2020年4月21日

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

国民の為に作ってくれてるのに、隠す必要がどこに有る。
会社の好感度も上がります。
発表しましょう!

企業が入ってるのに、この商品のザマはなんでしょうか?
民間が物品をそんな粗雑に扱うかナ…
それとあわせて
なぜそんな状態のものを配布する運びになったのでしょ…

ただそれが知りたいです…

これ何故三社に分けてんですか?
厚生労働省が依頼したのなら原価もわかってますよね
三社それぞれに発注しても厚生労働省で条件同じにしてるはずですよね。
でも、新聞で出ている金額と差額ありますけど、そのお金は、不良で値引きした?この差額説明してください!
高すぎる!

スポンサードリンク