【薬物疑惑】セレブタレントA=20歳後半元モデルは誰で名前実名を特定?元キャバ嬢

不正疑惑

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

2020年3月以降、国内のニュースは新型コロナウイルスウイルスで持ちきり。

そんななか、とあるセレブタレントに薬物疑惑が浮上しているというのです。

報道を見る限り、この人物はかなり有名な人物で、顔も売れているとのこと。

今回は、そんなセレブタレントの薬物疑惑について、詳しく取り上げていきます。


セレブタレントA20歳後半元モデルに薬物疑惑浮上

この件について、AERA dot.は以下のように報じています。

コロナ禍の影響もあり、有名人の薬物汚染がニュースに上ることは少なくなった。だが、捜査当局はこうした状況下でも着々と証拠集めを進めている。当局が外掘りを埋めつつあるのは、ある“セレブタレント”だというが、一体どんな人物なのか。

<中略>

20歳後半の元モデルでタレントのAです。歯に衣着せぬ発言が話題を呼び、バラエティー番組には欠かせない存在。そんな彼女は六本木を根城とする海千山千のドラッグ愛好家と複数の接点があり、その多くは芸能界デビュー前に働いていた飲食店時代の人脈ということがわかっています」(捜査関係者)

Aは芸能界デビュー前、六本木界隈のキャバクラで働いていたことがあるという。

出典:https://dot.asahi.com/dot/2020042800012.html

報道によると、新型コロナウイルスで世間が自粛ムードにあるなか、とあるセレブタレントに薬物疑惑が浮上しているといいます。

新型コロナ禍のなかで薬物疑惑が浮上しているといえば、4月末にも東スポが以下のような記事を報じました。

【薬物疑惑】50代女優X+30代タレントY+超ベテラン芸人Zは誰で名前特定?ドラッグパーティー

2020年4月26日

複数の芸能人がドラッグパーティを開いているという内容のもので、こちらも大きな話題に。

今回AERA dot.で報じられた当該セレブタレントは、東スポで報じられた人物たちとは特徴からして別人でしょう。

セレブタレントA20歳後半元モデルは誰で名前(実名)特定?元キャバ嬢

今回の報道で取り上げられているセレブタレントAとは一体誰なのでしょうか?

記事のなかに記載されている人物の特徴をまとめると以下の通り。


・セレブタレント
・女性
・20代後半
・元モデル
・六本木周辺の元キャバ嬢
・小嶺麗奈と共通の友人多数
・SNSで芸能界の薬物汚染について直接コメントを出したことあり

特徴として記載されている内容は多いことから、当該人物についてはネットでも大きな話題になっています。

人物特定に大きなカギを握るのは『元キャバ嬢』『SNSの投稿』などでしょう。

大麻で逮捕された小嶺麗奈との関係も深かったとされているようで、当時の週刊誌報道などを遡れば具体的な人物が浮上する可能性もあります。

セレブタレントA20歳後半元モデルの具体名が掲示板で上がる

ネット掲示板などでは、このセレブタレントAに関する具体的な名前がいくつか挙げられています。



そのなかでもダレノガレ明美さんの名前が多く書き込まれましたが、これは本当なのでしょうか?

以下、AERAで報じられている内容と照らし合わせて、この噂に信憑性がどれほどあるのか?を検証していきます。

報道された特徴と照らし合わせてみると…

彼女は芸能界デビューをする前に、都内でキャバ嬢として働いていたことが報じられています。

当該人物が元キャバ嬢だったことを報じた2014年の記事↓
https://news.livedoor.com/article/detail/9138791/

働いていた店名については公表されていませんが、週刊誌によると以下のように記載されています。


六本木のC
大手チェーンのS
歌舞伎町のF
歌舞伎町のG
六本木のB

これを見ると、たしかに六本木界隈のキャバクラで働いていたという特徴に合致しています。

さらに、年齢も2020年5月現在29歳とこちらも合致。

また、彼女のwikipedia情報に記載されている家賃や平米数なども一致しており、過去にはJOYさんの薬物関連投稿に賛同していたことからも噂になったようです。

ただ、より決定的と思われる小嶺麗奈との深い関係については調べても明確に記載された報道記事を見つけることはできませんでした。

報道に記載されている特徴に一部合致する人物であれば他にも複数人おり、現時点で決めつけるのは時期尚早でしょう。

家賃の支払いについても当てはまらない部分が

記事に記載された特徴だけを見ると、たしかに合致しているところが多く、噂になる理由もわかります。

ただ、AERAの記事に記載されている家賃の支払いに関する一文。

「彼女が住んでいるのは、東京都心にある超高級賃貸物件。それ以前は広さ200平方メートル以上で、家賃100万円以上の物件に住んでいたことを公言していました。しかし、彼女のテレビ出演のギャラはせいぜい月数十万円にすぎず、100万円以上の家賃を支払うことは到底不可能でしょう。そんな疑問に対し、彼女は周囲に『(家賃を)払ってくれる社長がいる』と説明している。さらに、彼女はアパレルなどで年収数千万円以上あると公言しているが、その収入源は謎に満ちています」

内容を簡潔にまとめると、『100万以上の家賃を知り合いの社長に支払ってもらっている』というもの。

実は、ここについてダレノガレさんは過去に明確に否定していました。

同誌では、“全部屋200平方メートル超えで家賃は最低でも130万円から”“豪華マンションに住めるのは社長の寵愛を一身に受けているからこそ”などと報じられた。

ダレノガレはツイッターで、「間違ってるとこが2つあったから言うね!」として「一つは私の部屋は200平米ないです!(たぶん今空いている部屋が200平米の部屋だから書いたのかな?)もう一つは事務所や社長から家賃は払ってもらってないです!しっかり自分のお給料から支払いをしています!」と伝えた。

2017年7月の女性自身はこのように報じており、自ら支払っていることを強調

一方、AERAでは、疑惑の渦中にある『セレブタレントA』は社長が支払っていると自ら公言しており、周囲にも吹聴しているといいます。

これを見ると主張は正反対であることから、セレブタレントA=ダレノガレ明美さんとは言えないような気がします。

ダレノガレ明美さんがTwitterでコメント

掲示板を見ても分かる通り、AERAの報道記事で公開されている特徴はまさにダレノガレ明美さんを彷彿とさせます。

これは記事を読んだ本人も同じだったようで、ダレノガレ明美さんがTwitterを通じてコメントを出しました。

住んでいるマンションについての内容は、前述の通り自分が発言しているものではなく、週刊誌が記載した内容であることを強調。

疑惑については明確に否定しており、法的手段も持さない構えを見せています。

薬物関連の伏せ字報道というと、東スポを始めとするスポーツ紙が有名ですが、AERAが報じるのはかなり稀。

何の根拠もないのにここまで個人を特定するような記事を出してしまったのは大きな失態だったかもしれません。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

検挙されたのは氷山の一角だろうから
どんどん頑張ってほしい

それが一般人に対しての見せしめにもなるしね

でも、結局のところ不起訴か単なる所持ですぐ保釈されて、数年後には何事もなかったかのように芸能界へ復帰するのでしょう?

薬に対する罰が緩すぎるんだよ!
日本は犯罪に優しすぎる!
執行猶予もなしで刑期も以下じゃなく全部以上の刑期にして上限なしにしないとダメでしょ!
犯罪に刑期が何年以下って意味わかんねーし!

スポンサードリンク