片桐えりりか誹謗中傷のTwitterアカウントは誰で特定?

不正疑惑

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

複数人との不倫疑惑が報じられたアンジャッシュの渡部建さん。

グルメ王として数々のバラエティ番組に出演し、お昼の人気番組のMCとしてもお茶の間でお馴染みだっただけに、ショックを受けた人も多いハズ。

しかし、そんななか、ネット上では不倫相手として報じられた女性に対する誹謗中傷が大きな問題になっています。


片桐えりりかのSNSに誹謗中傷が殺到→法的措置も検討

不倫相手の1人としてネットで拡散された女性に対して、Twitterなどで誹謗中傷が殺到していると報じられました。

この件について、デイリーは以下のように報じています。

アンジャッシュ渡部建の“不倫相手”としてネットで拡散された女性が11日、SNSでの誹謗中傷が未だにやまないと訴え、あまりにも続くようなら「法的処置の準備をします」とつぶやいた。女性は報道直後に不倫相手であることを否定している。これに自身もネットでの誹謗中傷に苦しめられたタレントのスマイリーキクチが「言葉は人の命を奪う、凶器にもなる」と、中傷する人達へ警鐘を鳴らした。

この女性は渡部の不倫が報じられた直後に自身のSNSで「不倫相手は私ではないです」と完全否定。だがその後も中傷が続いている。

この女性は「未だに佐々木希さんに謝れというDMが大量に来るんですけど、酷いものでは死ねときます」と訴え「DMはすべてスクショはしてあります。あまりにもこのようなことが続くなら法的処置の準備をします」と訴え「言葉に責任を持って下さい。いいかげん勉強してください」と強い怒りをにじませた。

デイリーのこの記事のなかでは名前が記載されていませんが、すでに報じられている通りこの女性は片桐えりりかさんです。

片桐えりりかさんは当初から一貫して疑惑を否定しており、そもそも海外在住でここ5年間は日本に住んでいないことも公言。

不倫相手である可能性についてはきっぱりと否定しているのにも関わらず、誹謗中傷は跡を絶たないといいます。

ちなみに、誹謗中傷問題といえば、木村花さんの件が記憶に新しいでしょう。

木村花の死の真相はアンチ?リスカ画像投稿も

2020年5月23日

この一件から1ヶ月も経っていないというなかで殺到している誹謗中傷コメントに、SNS上でも『何も学べない人たち』として苦言を呈する声が広がっています。

片桐えりりか誹謗中傷のTwitterアカウントは誰で特定?

木村花さんのときと同様、ネットでは誹謗中傷を行っている人物のTwitterアカウントの特定活動が盛んに行われています。

片桐えりりかさんのTwitterアカウントを見てみると、DMで送られてきた実際のトーク画面のスクショが公開されています。

画面上部に掲載されるトーク相手のアカウント名などにはモザイクが掛けられているものの、アイコン画像は見れる状態。

今のところ、具体的なアカウント名などは拡散されていないようですが、特定されるのも時間の問題でしょう。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

もちろん渡部も悪いしやってることゲスいんだけど、人の私生活覗き込んで情報かき集めて世に広めて、それで儲けて人の人生破滅させて喜んでるマスコミが1番ゲスい気がする。
どうせ何か覗き込んでスクープしたいなら、もっと重要な話にしてほしい。
こんな話正直くだらない。

準備じゃなくて法的措置をとって欲しい
現段階ではお金や時間がかかるけど、時間は難しいけどお金はクラウドファンディングとかでなんとかなかないかな

本当にそういうつまらないことやってる連中は妥当な裁きを受けて欲しい

いいんじゃない、法的措置にどんどん出れば。
本人否定してるのにまだしつこく中傷してくる人も、そもそも当事者の女性だったとしても何の関係もない人が中傷していい理由なんてないんだし。自分のしてることが正義だと勘違いしてる人の目を覚まさせるには行動にでないと。

スポンサードリンク