【死因:病気(癌)】ジェイクバートンが死去 顔写真や経歴

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

スノボブラド『バートン』の創業者として知られるジェイク・バートンが死去したことが報じられました。

国内でも知名度の高いブランドなだけあって、SNSなどでは悲しみの声が多く投稿されています。

今回は突然の訃報が報じられたジェイク・バートンについて取り上げます。


死因:病気(癌) ジェイクバートンが死去

今回の件について、共同通信などは以下のように報じています。

ジェイク・バートン氏(スノーボードメーカー「バートン」創業者)米メディアによると20日、米東部バーモント州で精巣がんによる合併症で死去、65歳。がんが再発したことを最近明らかにしていた。

54年生まれ。幼少期を東部ニューヨーク州で過ごし、77年にスノーボードメーカー「バートン」を創業した。当時は知名度が低かったスノーボードの普及に尽力。スポーツとしての地位を確立した功労者とされる。

出典:共同通信

報道にある通り、米東部バーモント州で亡くなったとのことです。

死因はがんによる合併症とのことで、数年前から精巣癌を患っていたようです。

バートンの公式Twitterなどでは彼の訃報を伝えるつぶやきが投稿されました。

ブランドの知名度がかなり高いため、以外に思われる人も多いですが、ブランドの歴史は1977年創業とそこまで古くありません。

ジェイク・バートンも65歳とまだ若く、想像以上に早い訃報にスノボ界からも驚きの声が多く上がっています。

ジェイク・バートンの顔写真や経歴

ジェイク・バートン(Jake Burton Carpenter)は、アメリカ出身のスノーボーダー兼、スノボブランド創業者。

1954年4月29日、ニューヨーク・シーダーハースト生まれで、学生時代からスキーに打ち込んでいたそうです。

1977年にバーモントの小さな納屋にて創業。

はじめは300台限りのボードの販売でしたが、その後みるみるうちに会社は大きくなり、現在では世界中の有名プロスノーボーダーがスポンサー契約をするまでの有名ブランドに成長しました。

ジェイク・バートンは晩年、さまざまな病気で闘病を行っていたことも知られています。

現在確認されているだけでも、膝の怪我、精巣がん、肺塞栓症、ギラン・バレー症候群などを患っていたようです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

バートン、シムス、田沼信三。
この3人のおかげで今のスノーボードがある。

まだお若いだけに残念です。

15年くらい前にバートンの物を使用していたら間違いがないと友人に言われて、バートンの板を買ったのを思い出しました。良い板でした。
ご冥福をお祈りいたします。

自分もBURTON用品を若いころから愛用しています。
まだ若いのに残念です。ご冥福をお祈りしています。

スポンサードリンク