【死因は病気?】小出義雄監督が死去 不整脈&心臓手術も

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

マラソン日本代表としてオリンピック金メダリストとしても有名になったQちゃんこと高橋尚子選手を育成したことで知られる小出義雄監督が死去しました。共同通信などによれば、以下のように報じています。


陸上女子長距離の指導者として2000年シドニー五輪マラソン金メダルの高橋尚子さんら数々の名選手を育成した小出義雄氏が24日、死去した。80歳だった。

日本の各メディアが小出義雄監督の死去を速報で報じており、ネットでも大きな反響が次々に上がっています。


死因は病気?小出義雄監督が死去 2015年に不整脈&心臓手術

今回突然の訃報が報じられたのは、シドニーオリンピックで女子マラソン金メダルに輝いた高橋尚子選手の監督、小出義雄氏です。

死因について、現在のところ詳しくは報じられていないものの、2015年には心疾患を患っており、心臓病の手術も受けていたことを明かしています。

以下は2016年2月18日付けのスポニチアネックス紙面からの引用です。

シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん(43)を育てた長距離界の名将・小出義雄氏(76)が昨年、不整脈から来る心疾患で倒れ、緊急手術を受けていたことが分かった。

15年8月、米国・ボルダ―での合宿中に不整脈から来る心疾患で倒れ、緊急手術。今でも心臓にはペースメーカーが入っている。医師からは「意識がなくなって、だいたい死んでしまう」と言われたほどだったが「何言っているんですか、私は死ぬ気がしない」と言い返した小出氏。「あと5年、東京までは死ねないよな。勝たせて死にたいよな、勝たせて…」。

このときのインタビューにもあるように、『東京オリンピックを見届けるまでは死ぬわけにはいかない』と、指導者としての熱意もあらわにしていただけに、東京オリンピック目前に迫っての死去は本人も非常に無念だったことでしょう。

2019年3月末に指導者引退。近年は体調を崩していた

スポーツ報知などの報道によれば、小出監督は近年体調を崩しがちで、入退院を繰り返していたといいます。

15年間育成に携わった実業団・ユニバーサルエンターテインメント(UE)との契約が満了を迎えたことに加え、近年は体調が優れず入退院を繰り返していた。

複数の関係者によると、小出氏は近年、体調を崩しがちで入退院を繰り返していた。2~3年前からは心臓にペースメーカーを装着していたという。その影響もあって、現場での指導回数が減少。さらに、昨年はUEがドーピング問題で17年全日本実業団女子駅伝優勝が取り消されるなど、心身共に疲弊。UEとの契約満了というタイミングも指導者引退を決意させた。

心臓病や血管系の病気を患っている人は、生活習慣や遺伝の要素も大きく、心疾患にかかりやすい体質といえます。そのため、今回の直接的な死因が心疾患であった可能性も否めません。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

今となっては指導法に賛否両論だけど、高橋尚子さんに金メダルを取らせたのは小出さんの指導でした。
ご冥福をお祈りします。

ご冥福をお祈りいたします。
あなたの功績は、日本陸上界において多大なる功績だと思っています。
安らかにお眠りください。

監督お疲れ様でした。
貴兄が居なければ金メダルのQちゃんは
生まれなかったですね。
ご冥福をお祈りします。
合掌

笑顔が素敵だった。選手に慕われて、それぞれの持つ才能を引き出すことのできる素晴らしい監督だったと思った。

先日、指導者引退記事が出ていたが…。名物指導者だったが、功績は十分の方だった。天国でゆっくりと酒でも飲んで休んで下さい。

Qちゃんとのコンビでオリンピックで金メダル取ったときは感動したことを覚えています。晩年はいろいろと苦労されたみたいですが女子マラソンがメジャースポーツになったのは監督の貢献も大きいと思います ゆっくり休んでください

この前指導者を引退ってニュースが出たばかりでびっくり。ギリギリまで頑張っていらしたのかな。笑顔が印象的な熱い指導者でしたね。ご冥福をお祈りします。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。