【死因は病気?】飯田稔(元桜川村長)が死去 茨城ゴールデンゴールズ招致も

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

元桜川村長の飯田稔(いいだみのる)氏が死去しました。茨城新聞などによると、以下のように報じています。

旧桜川村(現稲敷市)の村長を務めた飯田稔(いいだ・みのる)氏が8日、千葉県栄町安食の北総栄病院で死去した。83歳。自宅は同市須賀津。通夜は14日午後6時から、葬儀は15日午前11時から、いずれも同所の聖苑香澄全館。喪主は長女の夫山口剛(やまぐち・たけし)さん。

飯田氏は1971年、当時県内最年少の35歳で村長選に初当選。再選に挑んだ75年落選したが、91年に返り咲き、その後、村が合併するまでの約14年間、首長を務めた。

村長時代の2005年2月に社会人野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」を招致したほか、村内全域の下水道化を実現。桜川を含む江戸崎、新利根、東の旧4町村の合併協議をけん引し、同年3月の稲敷市誕生に貢献した。07年に旭日双光章を受章。

ゴールデンゴールズの招致は大きな功績で、これを機に彼の名を知った人も多いことでしょう。


死因は病気?飯田稔(元桜川村長)が死去

元桜川村長の飯田稔氏が死去しました。

死因については、現段階では報道されていませんが、千葉県栄町安食の北総栄病院で亡くなられたということで、病死であると思われます。

詳しい死因などについては、使いの情報が入り次第追記いたします。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

茨城ゴールデンゴールズの招致はかなりの功績でしたね。
ご冥福をお祈りします。

久しぶりに名前をお聞きしましたが、亡くなられたんですね。
ご冥福をお祈りします。

桜川村の村政に尽力されました。
安らかにお眠りください。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。