【死因は病気?】グロリアカッツ(脚本家/映画プロデューサー)が死去 インディージョーンズなど

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

インディージョーンズやスターウォーズなどの脚本家として知られるグロリアカッツ氏が死去しました。海外ドラマNAVI などによると、以下のように報じています。

1973年公開の映画『アメリカン・グラフィティ』や、1984年の『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』などの脚本を手掛けたグロリア・カッツが76歳で逝去した。

米Varietyによると、11月25日(日)にロサンゼルスのシダーズ・サイナイ医療センターで、がんと闘っていたグロリアが息を引き取ったという。11月29日(木)にスティーブン・スピルバーグが設立したアンブリン・エンターテインメントが、「今夜、悲しいニュースを報告しなければなりません。夫ウィラード・ハイクとともに、スタジオのために『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』の脚本を手掛けたグロリア・カッツが亡くなりました。ハイク氏と遺族に心からのお悔やみを申し上げます」と哀悼の意をツイートしている。

グロリアは夫ウィラードと一緒に、ジョージ・ルーカスが監督した青春映画『アメリカン・グラフィティ』の脚本を執筆し、アカデミー賞脚本賞にノミネート。全米映画批評家協会とニューヨーク映画批評家協会賞では、最優秀脚本賞を受賞した。そして、1977年に公開されたエピソード4にあたる『スター・ウォーズ/新たなる希望』の最終草案の改訂に手を貸し、キャリー・フィッシャーが演じたレイア姫のキャラクターに肉付けする作業にも加わったとのこと。その他にも、ダドリー・ムーアとエディ・マーフィーが主演したコメディ映画『おかしな関係』や、アヒルを主人公にしたSF映画『ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』の脚本も夫と共同で手掛けている。

数々の名作に携わってきた大物脚本家の死に、映画ファンからは悲しみの声が多く聞かれます。

スポンサーリンク


死因は病気?グロリアカッツ(脚本家/映画プロデューサー)が死去

冒頭で報じたように、2018年11月25日にグロリアカッツ氏が死去しました。

直接的な死因は卵巣がんとのことです。

彼女はかねてより卵巣がんを患っており、この治療のために入退院を繰り返していたようです。

映画ファンの間ではグロリアさんが卵巣がんと闘っているということは有名な話でしたが、日本ではこの事実を知らない人も多く、ほとんどの映画ファンにとっては突然の訃報となりました。

ネットの反応

スポンサーリンク

突然の訃報に、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットに投稿されたユーザーの声の一部を紹介します。

アメリカン・グラフィティはジョージ・ルーカスの原点とも言える作品でハリソン・フォードやロン・ハワードも出ていたんだよね。

それと、ウィリアム・カッツとは何か関係があるのかと思ったら関係はないみたいね。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

アメリカングラフィティーはあの頃、日本人の我々もアメリカの青春に憧れ、バカをやった後に戦争に駆り出されていく切なさとカッコよさを見てつくづく、アメリカ映画、すっごー。と思ったもんだ。ご冥福をお祈りします。

スピルバーグは魔宮の伝説キライなんだよね。新しい嫁さんと出会った癖に。ハワード ザ ダックは見事にコケたが、両作とも私は好きだよ。合掌。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。