【死因は病気?】勝谷誠彦が死去 TV番組クビの理由と結婚,離婚の過去

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

コラムニストとして活躍した勝谷誠彦が死去しました。この件について、デイリーでは以下のように報じています。

コラムニストの勝谷誠彦さんが28日に兵庫県尼崎市内で亡くなったことが同日、分かった。57歳。勝谷さんは8月に重症アルコール性肝炎で緊急入院。一時は集中治療室に入るほど重篤な状態だったが、10月に退院。その後10月20日に故郷・尼崎のイベントに姿を見せ持ち前の“毒舌”ぶりを発揮していたばかりだった。

10月20日に行われたのは「尼崎市民医療フォーラム」。このフォーラムには毎年参加しており、関係者によると入院前から参加は決まっていたという。このフォーラムの11日前に退院したばかりだった勝谷氏は車椅子姿で登場していた。

フォーラムのテーマは「100歳時代の生き方、死に方~バラ色の人生~」。勝谷氏は冒頭から「100歳どころか57歳で死にそうになった」とぼやき、観衆の爆笑を誘っていた。

さまざまなテレビ番組に出演し、持ち前の毒舌で多くのファンを抱えていました。

今回は、突然の訃報が報じられた勝谷誠彦を取り上げます。

スポンサーリンク


死因は病気?勝谷誠彦が死去

2018年11月28日の朝から日本の各メディアがこぞって勝谷氏死去の報道をしているものの、死因は公表されていません。(2018年11月28日現在)

しかし、報道にもある通り、今年8月の段階で重傷アルコール性肝炎で緊急入院をされています。

一部の情報によれば、このときすでに肝硬変一歩手前で命の危険があることも主治医から伝えられていたそうです。

かなり重篤な症状で、肝臓がほぼ機能していないという話もありました。

今後詳しい死因などは公表されるものと思われますが、このときの肝炎が影響していることは間違いないでしょう。

※一部で直接的な死因が『高アンモニア血症』であるとの話がありますが、明確なソースがあるわけではなく100%正しい情報ではありません。

※2018年11月28日12:35追記
デイリースポーツの関係者の取材により、死因が明らかになりました。直接的な死因は『肝不全』とのことです。

ネットの反応

スポンサーリンク

今回の突然の訃報を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに投稿されたユーザーの声の一部を紹介します。

やしきたかじんさんも威勢は良かったけど浴びるように酒を飲んでいたと聞いています。

勝谷さんも肝臓がダメになる程アルコールを飲み続けたようですね。

外面とかイメージは所詮表層的なものかもしれませんね。お二人とも、鉄のメンタルを持っていた訳ではなかったのかも。

57歳、まだまだ若いね。でも自分の普段の生活習慣の悪さから体を壊して死んでしまったのだからなんとも言えない。

やっぱりある程度の年齢になってくれば生活習慣の見直しは大切。ムチャクチャな生活をいつまでも続けてるとまともな精神や健康も、そして命まで失ってしまう。

他山の石として気を引き締めよう。

コンクリート事件の加害者の実名報道に踏み切った勇気には経緯を表する。
良くも悪くも思い切りのある人だった。
今の当たり障りのないコメントしかしないコメンテーターよりかは、コメンテーターたる姿をしていたように思う。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

TV番組クビの理由と結婚,離婚の過去

勝谷氏といえば、読売テレビで放送されていた『たかじんのそこまで言って委員会』が有名でしょう。

この番組に長らく出演しており、オウム真理教の元幹部であった上祐史浩氏が出演した際にはかなり厳しく迫るシーンが印象的でした。

そんな彼がこの番組を降板したのが2013年の3月5日。

このとき以来、ネットでは彼が番組をクビになった理由についてさまざまな憶測が流れるようになりました。

彼はこの件について後に語っており、自身が独自に活動するメルマガやテレビ番組などで読売テレビへの対立的(批判的)なコメントをしたためだとされています。

ただ、具体的な内容は本人へのインタビューでも詳しくは語っていませんでした。

ちなみに、勝谷氏は離婚歴があり、その後は独り身でした。

モデルやグラビアなどで活躍している甲賀瑞穂さんとパートナー関係にあることが週刊誌などで報道されており、晩年は結婚するのではないか?とも噂になっていました。

現時点で彼女からメディアに対するコメントはないようです。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。