【死因は病気?】ジェリーマギーが死去 来日で倒れる→入院

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

アメリカのロックバンド『ザ・ベンチャーズ』のギタリストとして知られるジェリー・マギーが死去したと報じられました。

ロックの一時代を築き上げた偉大なギタリストの死に、ネットなどからは悲しみの声が多く聞かれます。

ジェリー・マギーは来日ソロ公演のリハ中に倒れ、そのまま入院。

そのため、ファンからは容態が心配されていました。

今回は、突然の訃報が報じられたジェリー・マギーについて取り上げます。


死因は病気?ジェリーマギーが死去

今回の件について、共同通信などは以下のように報じています。

米ロックバンド「ザ・ベンチャーズ」の元メンバーでギタリストのジェリー・マギーさんが12日午後4時ごろ、東京都内の病院で死去した。81歳。米国ルイジアナ州出身。ソロ公演のために来日中で、日本の公演関係者が13日明らかにした。

1960年代後半からギタリストとしてベンチャーズに参加。日本にエレキブームを巻き起こし、数多くの来日公演を行った。日本で人気の「雨の御堂筋」「京都の恋」の作曲にも関わった。2010年に旭日小綬章。

出典:共同通信

報道にある通り、2019年10月12日に都内の病院で息を引き取ったとのことです。

日本を含め、アメリカなど海外メディアもこぞって訃報を報じているものの、現在のところ、明確な死因については報じられていません。

ただ、都内の病院で息を引き取ったとのことなので、なんらかの疾患が原因で亡くなったことは間違いないでしょう。

来日でリハ中に倒れる→入院

ジェリー・マギーは2019年10月より、ソロでの日本公演をスタート。

かなり久しぶりの来日ということもあって、本人はもちろん、ファンの多くも彼のソロコンサートに期待をしていました。

しかし、10月8日に行われたコンサートのリハーサルで、急に倒れ、そのまま入院。

このとき、日本の一部メディアでは大きく報じられました。

一部情報によれば、ジェリー・マギーはリハーサル中に心臓麻痺を起こしたとされており、心臓疾患が原因でなくなったとも考えられています。

ちなみに、彼は2017年にも日本公演中に体調を崩して緊急入院をしたことがあります。

このときは大事に至りませんでしたが、今回は残念ながら息を吹き返すことなく、悲しいお別れとなってしまいました。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

「京都の恋」や「雨の御堂筋」はベンチャーズのクレジットがついてるけど、実際はこの人が作曲したと聞いたことがある。
ベンチャーズサウンドを牽引した偉大なギタリストだ。
訃報を知って実に残念な気持ちがした。

ベンチャーズのリードギタリストとしては勿論の事、
スワンプ・ロックの最後の大物ギタリストだったと思います。
ベンチャーズって言うとどうしても「テケテケ」ばかりがイメージに残ってる人も多いと思いますが、
ジェリーさんの参加した初期作品のザ・ホースやスワンプ・ロック辺りは本当に名盤中の名盤だと思いますし「KATANA」なんて曲はサザンロックそのものの仕上がりでメチャクチャに格好良い曲ですね。

自分は90年代のベンチャーズのコンサートに何度か足を運びました。なので、ノーキーよりもジェリーマギーのギターのベンチャーズの方が思い出が深いです。もうあのギターテクニックが聴けなくなってしまったと思うと残念でなりません。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。