【死因】キムソンフン投手(野球)が死去 顔写真や経歴を調査

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

韓国プロ野球チーム『ハンファ』に所属しているキム・ソンフン投手が死去したことが報じられました。

21歳という年齢での突然の訃報に、日本国内からもショックの声が多く上がっています。

韓国では、ほぼ同じタイミングで元KARAのク・ハラさんの訃報が報じられ、こちらも大きな話題となっています。

今回は韓国野球界に突如流れた訃報について詳しく取り上げます。


死因はなに?キムソンフン投手が死去

この件について、Full-Countなどは以下のように報じています。

韓国プロ野球ハンファ・イーグルスに所属するキム・ソンフン投手が21歳の若さで亡くなったと、複数の韓国メディアが伝えた。

韓国紙の「中央日報」は「プロ野球ハンファに所属するキム・ソンフン投手が21歳で亡くなる」と報じた。同じく韓国紙「東亜日報」も、球団がキム・ソンフンが亡くなったことを発表したことに言及し、23日土曜日の朝方に光州(グァンジュ)市にある9階建ての建物の屋根から7階のバルコニーに落下した経緯を伝えている。

キム・ソンフン投手は186センチ、83キロの大型右腕。今季は15試合に登板して0勝1敗、防御率4.84だった。

出典:Full-Count

報道にある通り、韓国プロ野球のキム・ソンフン投手が亡くなりました。

9階建ての建物から落下したと見られており、地元当局が詳しく調べているようです。

死因などについては、詳しく報じられていませんが、センシティブな内容を含む可能性があるため、警察の公式発表があり次第追記させていただきます。

顔写真や経歴を調査

キム・ソンフン(김성훈)投手は、1998年生まれの韓国のプロ野球選手。

2017年よりKBOリーグのハンファ・イーグルスに入団。

初登板は2018年7月22日のサムスン戦でした。

キムソンフンは、斗山ベアーズで内野手として活躍し、KIAタイガーズで守備コーチや打撃コーチなどを歴任しているギムミンホ氏の息子さんです。

奇しくも、プロ野球最終戦は2019年8月24日に行われた古巣との斗山ベアーズ戦でした。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

反日国家の出来事といえど、若い命が亡くなるのは胸が痛い

全ての韓国民は考えた方がいい
何故こんなにもこうなってしまうか

韓国も日本と同じ高齢化社会だから若者を守る制度が必要だと思う

スポンサードリンク