川口敦典の死因の病気(持病)=病名は?お笑い:てんしとあくま

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

吉本興業所属のお笑いコンビ「てんしとあくま」の川口敦典(かわぐちあつのり)さんが死去したと報じられました。

36歳という年齢での突然の訃報に、ネット上でも悲しみの声が多く投稿されています。

今回は突然の訃報が報じられた川口敦典さんについて詳しく取り上げていきます。


川口敦典が死亡↓お笑いコンビ:てんしとあくま

川口さんの訃報について、スポニチアネックスなどは以下のように報じています。

お笑いコンビ「てんしとあくま」の川口敦典(かわぐち・あつのり 本名同じ)さんが15日、持病の内臓疾患のため亡くなった。36歳だった。16日、所属する吉本興業が発表した。通夜、葬儀・告別式は家族葬にて執り行われる予定。

川口さんは大阪府吹田市出身。2006年のNSC大阪29期生で、08年4月に相方のかんざきと「てんしとあくま」を結成した。かんざきの歌う独特の歌ネタを中心にした漫才・コントで、大阪・よしもと漫才劇場を中心に活動。16年に第1回上方漫才協会大賞で大賞にノミネートされたほか、17、18年に上方漫才協会大賞で文芸部門賞を2年連続で受賞している。

かんざきは事務所を通じて「とても残念でなりません。突然のことで気持ちの整理がついていない状況です」とコメントを発表した。

報道にある通り、吉本興業に所属している「てんしとあくま」の川口敦典さんが36歳という若さで死去しました。

ツイッターなどもたびたび投稿しており、わずか数日前にも投稿をおこなっていました。

ちなみに最後の投稿となった5月11日のツイートがこちらです。

知名度という面ではまだまだでしたが、お笑いファンの間ではよく知られたコンビです。

持病の内臓疾患で死去↓死因の病気の病名は?

36歳という若さで訃報が報じられた川口さんですが、その死因はいったい何だったのでしょうか?

スポーツ紙などの報道によれば、『持病の内臓疾患』と報じられています。

ただ、具体的な病名などは今のところ公表されておらず不明。

しかし、本人のツイッターでは4月に胃の不調について以下のような投稿をしていたことが確認されています。

本人は胃潰瘍と投稿していますが、『胃潰瘍=死に直結する病気』というイメージがない人は多く、ネットでも疑問の声が上がっています。

実際、胃潰瘍は死ぬ病気なのか?

川口さんは検査の結果、胃潰瘍であったとツイッターにて投稿されています。

ネットでも「胃潰瘍って死ぬ病気なの??」と話題になっていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

調べてみると、日刊ゲンダイの『ヘルスケア+』では江田クリニック院長の話として以下のようなコメントが掲載されています。

胃潰瘍を甘く見てはいけません。かつては多くの人が命を落としてきた病気で、いまでも自宅で血を吐いたまま死んでいたといったケースもあります。胃壁が深く傷つけられて太い血管が切れてしまうと、大量の血が噴水のように噴き出し、出血性ショックによって昏倒してそのまま死亡してしまうのです。高齢者になると痛みを感じにくくなるため、症状がそれほど出ていないのにいきなり大量の血を吐くケースがあるので注意が必要です。吐血して病院に運ばれたときにはすでに亡くなっていた患者さんもいました」

これによれば、昔は胃潰瘍で亡くなる方も多かったとのこと。

現代でも胃潰瘍によって命を落とす方は一定数いるようで、胃潰瘍=死ぬ病気じゃないという認識は間違っていることがわかります。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

まだ36歳若すぎる。

胃潰瘍で亡くなるのですか??胃癌だったのでしょうか。まだお若いので気になります。

こんなに若い人が、こんなに突然亡くなるなんて、信じられません…

ご冥福をお祈りします。

スポンサードリンク