【死因=大動脈解離】宮田光(俳優)が死去 顔画像と経歴

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

俳優として活躍した宮田光さんが死去したとの報道が飛び込んできました。産経新聞によると以下のように報じています。

宮田光氏(みやた・ひかる=俳優、本名秀雄=ひでお)23日、急性大動脈解離のため死去、87歳。葬儀・告別式は30日午前11時から新宿区上落合3の34の12、落合斎場で。喪主は妻、芙美子(ふみこ)さん。

宮田光さんは生前俳優としてドラマ、映画などで活躍。脇役がメインでしたが、彼が出演した作品は数知れません。

彼の名前と顔が一致する人は少ないかもしれませんが、過去の出演作品などを見ると知っている人は多いはずです。(上に掲載した写真は若い頃の出演作品のなかでの写真です)

今回は突然の訃報が報じられた宮田光さんについて取り上げます。

スポンサーリンク


死因は大動脈解離。宮田光(俳優)が死去 顔画像と経歴

脇役としていろんな作品に出演してきた俳優さんだけに、知名度はそれほどのものではありません。

俳優活動は20代の頃から行っており、『ダイヤル110番 第110話「消えた焔」(1959年、日本テレビ)』がデビュー作品だと思われます。

東京俳優生活協同組合という芸能事務所に所属し、晩年も精力的に俳優活動を続けてきました。

詳しい病歴などは不明ですが、急性大動脈解離ということで家族にとっても突然のお別れであったことがうかがえます。

ちなみに、彼の代表的な出演作品としては以下のようなものが挙げられます。

  • 太陽にほえろ!(日本テレビ / 東宝)
  • 特捜最前線(テレビ朝日)
  • ライオン奥様劇場シリーズ(フジテレビ)
  • ザ・サスペンス / 川崎探偵団(1983年、TBS)
  • NHK朝の連続テレビ小説 はね駒 第70話(1986年)
  • 春よ、来い 第一部 第23・25話(1994年、NHK連続テレビ小説第52作)
  • さすらい刑事旅情編V 第17話「疑惑!ストリッパーと密会した刑事」(1992年、テレビ朝日)
  • NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」
  • 暮らしの中の敬語(1977年、学研)

ネットの反応

スポンサーリンク

俳優の宮田光さんの訃報に対して寄せられた世論の反応を見ていきます。

SNSなどのネットを中心に寄せられたコメントを一部紹介します。

今年は著名人が多く亡くなって悲しいです。
ご冥福をお祈りします。

正直存じ上げず検索したのだが 綺麗な声の迫力ある紳士役の似合う方でした。
きっと吹き替えなどで聴いたこともあったんだろうなーと思いました。
お疲れ様でした。

『太陽にほえろ!』に
よく出ていた人ですね。

全然、記憶に残っていない
俳優さんだけど‥…

ほかには、『大都会』や
『西部警察』などにも
出ていたらしいので、

刑事ドラマには、
欠かせない
俳優さんだったんだろうね。

m(__)m合掌

『NARUTO』のホムラの声をやられていた人のようだ。コハルの隣にいる、ヒルゼンと同期の眼鏡をかけた相談役。

銀河英雄伝説外伝でヘルダー大佐の声をやってた人かな。主人公達の謀殺に失敗して最後崖へ飛び込む人。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。