【死因は病気?】中村和子(アニメーター)が死去 手塚治虫との関係

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

日本を代表する手塚治虫さんの下で、アニメーターとして活躍した中村和子さんが亡くなりました。

ご高齢だったとはいえ、今回の突然の訃報に、アニメファンの多くから悲しみの声が上がっています。

今回は86歳の生涯を閉じられたアニメーター中村和子さんについて取り上げます。


死因は病気?中村和子(アニメーター)が死去

今回の訃報について、共同通信などは以下のように報じています。

中村 和子さん(なかむら・かずこ=アニメーター、本名加藤和子=かとう・かずこ)8月3日死去、86歳。葬儀・告別式は近親者で行った。

女性アニメーターの草分けとして知られ、東映動画の「白蛇伝」に参加。虫プロダクションのテレビアニメ「鉄腕アトム」「W3」「リボンの騎士」の他、アニメ映画「千夜一夜物語」「火の鳥2772 愛のコスモゾーン」などを手掛けた。

愛称は「ワコさん」で、放送中のNHK連続テレビ小説「なつぞら」の登場人物「マコさん」のモデルとも言われる。

出典:共同通信

報道にある通り、中村和子(本名:加藤和子)さんが8月3日に亡くなっていたのがわかりました。

死因についてはいまのところ具体的に報道されていませんが、ご高齢ということもあり、病気が原因だったと思われます。

ただ、晩年の活動などについてはあまり公表されておらず、闘病生活を送っていたかどうかについても公表されていません。

手塚治虫との関係

中村和子さんは、1933年4月1日生まれのアニメーター。

アニメ業界ではかなり有名な人物で、日本アニメーションの先駆け的存在とも言われています。

彼女が手掛けたアニメのなかでも最も有名なのが、手塚治虫原作の鉄腕アトムです。

中村さんは全盛期、虫プロダクションに所属して、手塚治虫さんの原作漫画のアニメ化を数多く手掛けました。

ファンの間では有名な『W3』の作画監督を務めたことでも有名です。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

亡くなる前になつぞらを見てくれただろうか。見てくれたといいね。

昭和のアニメは子供達の憧れでした。

ご冥福をお祈り致します、合掌。

多くの子どもたちを楽しませてくれたことを深謝致します。

合掌。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。