久高幸枝の死因の病気(持病)は何?wiki+プロフィール

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

闘牛女子やカメラマンとして活躍された久高幸枝さんが46歳の若さで亡くなりました。

全国的な知名度はそこまで高くありませんでしたが、地元沖縄では沖縄タイムスなどでも取り上げられ話題になりました。

突然の訃報が報じられた久高さんですが、その死因とは一体何だったのでしょうか。


久高幸枝の死因の病気(持病)は何?

久高さんの訃報について、沖縄タイムスは以下のように報じています。

闘牛カメラマンとして活躍し、写真集「闘牛女子。」や闘牛カレンダーなどを刊行した久高幸枝(くだか・ゆきえ)さんが29日、うるま市内で死去した。46歳。うるま市石川出身。告別式は1日午後1時から1時45分、うるま市兼箇段93、JA虹のホールうるまで。喪主は父唯志(ただし)さん。

この報道文を見る限りでは、死因らしきものは一切書かれていません。

他のメディでも死因について言及しているところは少ないですが、琉球新報では以下のように報じられていました。

闘牛写真家の久高幸枝(くだか・ゆきえ)さんが29日、うるま市内で死去した。45歳。久高さんは脳の血管に持病があり、入退院を繰り返していたという。

これを見ると、久高さんの死因はどうやら脳の血管にあった持病のようです。

久高幸枝の死因となった持病は脳血管疾患?

脳の血管系の持病を調べてみると、これらを総称して『脳血管疾患』というようです。

脳血管疾患の代表例としては以下のようなものがあります。


・脳梗塞
・脳出血
・くも膜下出血
・血管性認知症
・高血圧性脳症

久高さんの持病については『脳の血管』ということだけしか公表されていないため詳細は不明ですが、このような持病を持っていたということでしょうか。

久高幸枝のwiki+プロフィール

2020年6月現在、久高幸枝さんのwikipediaページは存在していません。

過去に公式メディアなどに掲載された久高さんのプロフィールをまとめると以下の通り。


久高幸枝
46歳(2020年6月時点)
うるま市石川出身

また、沖縄タイムスなどでは以下のように紹介されています。

代々続く「牛カラヤー」(牛飼い)一家の長女で、小学5年生から闘牛の写真を撮り始めた。「闘牛女子」として親しまれ、写真展を精力的に開催。県闘牛組合連合会の広報担当も務めた。牛と共に老人福祉施設を訪問するなど、沖縄の闘牛文化の発展に尽力した。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

内面が輝いている人は表情が活き活きしててとても美しい。お若くして亡くなったのはとても残念です。

死因や健康上の理由を公表できないのは、コロナ差別が横行しているせいじゃないのか。

まだ若い人の訃報で死因が書かれていないと気になってしまう…。
何にしても残念なことです。

スポンサードリンク