【死因は病気?】長谷川常雄(キューサイ創業者)が死去

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

『まずい!もういっぱい!』のフレーズで知られる青汁を販売していたキューサイの創業者=長谷川常雄氏が死去しました。西日本新聞などによると以下のように報じています。


健康食品メーカーのキューサイ(福岡市)を創業した長谷川常雄(はせがわ・つねお)氏が4月27日に東京都内の病院で死去したことが分かった。85歳。京都市出身。葬儀・告別式は近親者のみで行った。喪主は長男浩(ひろし)さん。5月25日午後1時から、福岡市中央区古小烏町70の1、ユウベル積善社福岡斎場でお別れの会を催す。長谷川氏の指導を受けた地場経営者らでつくる世話人会主催。

1956年、同志社大卒後に商社に勤務。65年に独立し、福岡市でキューサイの前身となる長老製菓(後に長谷川製菓に商号変更)を創業した。体調不良の際、ケールを搾った「青汁」を飲んだ効果に感銘を受け、82年から青汁の販売を開始。テレビCMの「まずーい、もう一杯!」のコピーが話題となり、全国に販売を広げた。

95年にキューサイに社名を変更し、99年には東京証券取引所第2部と福岡証券取引所に上場。2005年まで社長を務めた。自ら経営塾を運営するなど、中小企業の経営支援や起業支援にも積極的に取り組んだ。

日本の青汁ブームを作り上げた人物でもある長谷川常雄氏。

昭和を代表する企業でもあったことから、訃報に心を痛める人は多いようです。


死因は病気?長谷川常雄(キューサイ創業者)が死去

今回訃報が報じられたのは、キューサイ株式会社の創業者=長谷川常雄氏です。

現在のところ、詳しい死因については報じられていないため不明ではありますが、病院で亡くなったということで病気が原因であることは確かでしょう。

詳しい情報が公開され次第、追記させていただきます。

ちなみに、同姓同名の『長谷川恒男』さんと間違える人も多いようで、こちらは1991年に亡くなった全くの別人です。

長谷川恒男さんは日本の登山家で、ウルタルII峰により雪崩に巻き込まれて亡くなられました。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

自社の商品に、マズイと言わせたCMは画期的だったな

キューサイって社名が昔から気になってたけど
救済なのかな

あの「まずい、もう一杯」のCMって、確か八名信夫さんだっけ?
それはおいて、謹んで長谷川氏に哀悼の意を捧げます。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。