【死因:病気(慢性腎不全)】双羽黒(北尾光司)が死去 事件騒動の真相と嫁

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

元横綱で、波乱万丈の人生を送った双羽黒(北尾光司)が死去しました。FNNなどによると、以下のように報じています。

元横綱・双羽黒の北尾光司さんが亡くなっていたことがわかった。波乱に満ちた55年の人生に別れを告げた。大相撲第60代横綱・双羽黒、本名、北尾光司さん。
2月10日午前7時30分、慢性腎不全のため、亡くなったことがわかった。腎臓を患い、闘病生活を送っていたが、55歳の若さで旅立った。

1979年、15歳で初土俵。身長2メートル近い体格を生かし、番付を駆け上がっていった。
1986年には、22歳で横綱 に昇進。優勝経験がなかったものの、2場所続けて優勝争いを演じたことが評価され、昇進が決定。異例の事態だった。

そして、翌年の1987年。角界を揺るがす事態が起こった。
年末の12月、双羽黒は親方と意見が衝突し、部屋を脱走。その際、部屋のおかみさんに暴力を振るったとの報道もあった。
そして大みそか、相撲協会は緊急理事会を開き、双羽黒の廃業届を受理した。

暴力事件などで角界を大きく揺るがすような騒動を起こしましたが、相撲の才能は素晴らしく、多くのファンがいました。

若すぎる突然の訃報に、ファンから悲しみの声が多く聞かれます。


死因:病気(慢性腎不全) 双羽黒(北尾光司)が死去

今回訃報が報じられたのは、元大相撲横綱の双羽黒(本名・北尾光司)さん。

晩年は腎臓疾患を患い、闘病生活を送られていたようで、直接的な死因慢性腎不全と報道されています。

享年55歳ということで、非常に若くしてこの世を去ったことになります。

力士はその体型や生活スタイルなどから、体に大きな負担がかかり、短命な人が多いことでも知られています。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

才能がありながら、社会に馴染めなくて彷徨してる人間は少なくないと思うが、この人もその中の一人だったかな。
それにしても、元力士は早く亡くなる人が多い。

野球では清原
相撲ではこの人

歴代屈指の才能を持っていたにも関わらず精神面があまりにも幼く、それが大成を阻んだ点も共通してる

ご冥福を祈ります

スポーツに関することなら、恐らくなんでも出来ただろうと言うぐらい、豊かな才能に恵まれていましたが、生き方が器用ではなく、自分の価値を押し下げてしまっていたこともありました。
現立浪親方との関係は良好で、いつか中継のゲストにも…と密かな期待を抱いていました。
残念でなりません。

事件騒動の真相と嫁

双羽黒は現役時代からステーキ3000gを軽々平らげるなど、力士らしいエピソードが多い一方で、トラブルの耐えない力士でもありました。

父親が建設会社の取締役で北尾はその一人息子として甘やかされて育てられたためか、少しでも厳しい稽古をさせると口癖のように「故郷へ帰らせてもらいます」と発言し、立浪も北尾に対してではなく稽古を付けた兄弟子を注意する始末だった。

現役時代にはこのようなエピソードも残っており、周囲を困らせたことはかなり多かったようです。

また、報道にもあるように、ちゃんこ鍋について立浪と大喧嘩をした際に止めに入った女将さんを突き飛ばし、大きな問題に発展。

この事件の騒動をきっかけに廃業に追い込まれました。

後に、立浪と双羽黒は共に実質的な破門であったことを認めています。

ちなみに、結婚相手について詳細は公開されていませんが、ご結婚はされているようです。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。