【死因:病気(腎不全)】高井保弘が死去 娘=宝塚の松波美鶴

出典:auone.jp
訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

元プロ野球選手で、阪急ブレーブスなどで活躍した高井保弘さんが亡くなりました。

『世界の代打男』などの愛称で親しまれており、代打の名手として知られています。

今回は突然の訃報が報じられた高井保弘さんについて取り上げます。


死因:病気(腎不全) 高井保弘が死去

今回の件について、スポーツ報知などは以下のように報じています。

通算代打本塁打27本の世界記録を持つ元阪急(現オリックス)の高井保弘(たかい・やすひろ)氏が13日午前9時44分、腎不全のため兵庫・西宮市内の病院で亡くなった。74歳だった。通夜は14日午後6時から、葬儀・告別式は15日午後0時30分から、西宮市高畑町2の25「エテルノ西宮」で執り行われる。喪主は妻の安枝(やすえ)さん。「代打男」として一時代を築いた打撃職人が、静かに人生の幕を下ろした。

出典:スポーツ報知

報道にある通り、元プロ野球選手の高井保弘さんが亡くなりました

死因は腎不全とのことです。

高井さんは愛媛県立今治西高等学校時代から強打者として知られており、卒業後は名古屋日産モーターで社会人野球の選手として名を馳せます。

1964年にプロデビューを果たし、オリックス・バファローズの全身である阪急ブレーブスに入団。

その後はブレーブスの黄金時代を支えました。

現役引退後はプロ野球マスターズリーグなどにも参加していましたが、晩年の闘病生活などについてはほとんど公表されていません。

娘は元宝塚の松波美鶴

出典:takawiki.com

プライベートについてもほとんど公表されていませんが、高井さんは一般女性である安枝さんと結婚。

その間に生まれた娘さんは、宝塚歌劇団に所属した松波美鶴さんです。

宝塚歌劇団73期生であり、雪組公演「宝塚をどり賛歌/サマルカンドの赤いばら」で初舞台を踏みました。

1996年の公演を最後に退団していますが、現在の活動については不明です。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

代打本塁打は当然だけど、高井さんが凄いのはDHでレギュラー出場して3割20本塁打とか普通に達成してるのもね。今だったら代打の神様と呼ばれるだろうけどそれ以上の存在感があった選手。ご冥福をお祈りします。

昭和の豪快な野球人がまた一人いなくなりました。よく漫画あぶさんにも登場した。代打の神様でしたね。ご冥福をお祈りします。

自身が野球に興味を持ち始めた頃、現役バリバリで活躍してました。
また一人昭和が 阪急がなくなった気がします。
もうこのような選手は出てこないと思います。
高井氏のご冥福をお祈り致します。

スポンサードリンク