築地容子の死因は病気?若い頃→現在と歌動画

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

歌手として活躍し、紅白歌合戦などにも出場した築地容子さんが死去していたことがわかりました。

亡くなってからおよそ7年も判明していなかったことに、ネットでは驚きの声が多くあがっています。

今回は突然の訃報が報じられた築地容子さんについて、詳しく取り上げていきます。


築地容子が死去死亡で驚きの声

今回の訃報について、デイリーなどは以下のように報じています。

戦後の日本を歌声で彩り、第9回NHK紅白歌合戦(1958年)に出場するなど活躍した歌手の築地容子(つきじ・ようこ=本名・西原利枝)さんが、2013年12月15日に死去していたことが21日、分かった。82歳。晩年はレコード会社や事務所などに所属せず第一線から退いていた。22日発売の全曲集「日本の流行歌スターたち(27) 築地容子」(ビクター)に付属するライナーノーツで初めて公表された。

関係者によると、全曲集制作にあたり、担当者が日本歌手協会を通じて本人への連絡を試みて死去が判明したという。担当プロデューサーは「日本の歌謡界において輝かしい活躍をされた方。すばらしい歌声を後世に伝えていくと同時に、亡くなられたことも公表することで歌手人生の軌跡を残したい」と経緯を明かした。

報道にある通り、築地容子さんがなくなったのは2013年の12月。

つまり、約7年間も死去報道が流れなかったことになります。

これに対して、ネットでは『紅白まで出場した歌手なのになんか寂しい』という悲しみの声が上がりました。

築地容子の死因は病気?

多くの国内メディアが築地さんの訃報を報じていますが、現在までに詳しい死因を報じている媒体はありません。

今回の死去も、全曲集の担当者が本人に連絡を取ろうと思ってようやく判明したことであるため、ご家族などから詳しい事情の説明があったものではないようです。

2010年に出演した日本歌手協会歌謡祭ではかなり痩せた様子が伺え、何らかの病気を患っているのでは?と噂になりました。

ただ、闘病を行っていたという明確な情報もなく、現時点ではどのような病気だったのかも不明です。

若い頃→現在と歌動画

築地容子さんは、1931年東京出身。

戦前から戦後に掛けて東京の大衆劇場として親しまれたムーラン・ルージュの歌手としてデビュー。

その後、1950年には女優としてもデビューし、スクリーンやテレビでも活躍しました。

晩年も歌手活動は継続しており、最後に表舞台で姿を見せたのは2013年2月の「〜シャンソンをあなたに〜築地容子ライブショー」とされています。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

7年も分からなかった事が凄い。きっと年齢も年齢なんで付き合ってた業界の人居なかったのかもね。

紅白にまで出ていたのに6年半も…
周りで関わった人もそれなりにいたんだろうに、結構冷たい世界なんだなって思う。
ご冥福をお祈りいたします。

2010年の歌謡祭、観ていました。
声量もあり、高音が少し不安定でしたが、とても素敵な歌声でした。
YouTubeで2013年頃にショーで歌った動画がアップされていたので、ご健在なこととばかり思っていました。

スポンサードリンク