【死因は病気?】フランクロビンソン(MLB監督)が死去 子供や妻と現役時代の活躍

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

アメリカ大リーグでアフリカ系アメリカ人初の監督として活躍したフランクロビンソン氏が死去しました。時事通信などによると、以下のように報じています。

米大リーグ(MLB)は7日、アフリカ系米国人リーグ史上初の監督で、骨肉腫による病気療養中だと報じられていたフランク・ロビンソン(Frank Robinson)氏が、ロサンゼルスの自宅で死去したと発表した。83歳だった。

ロビンソン氏は1975年にクリーブランド・インディアンス(Cleveland Indians)の選手兼任監督に就任し、リーグ史上初のアフリカ系米国人監督となった。ジャッキー・ロビンソン(Jackie Robinson)氏がアフリカ系米国人初のメジャーリーガーになった1947年から30年が経とうとしていた。

監督就任後にロビンソン氏は、「もし願いがかなうのであれば、ジャッキー・ロビンソンにここにいてほしかった。このことが現実のものになったことを見届けてほしかった」とコメントしている。ジャッキー・ロビンソン氏は1972年に亡くなった。


死因は病気?フランクロビンソン(MLB監督)が死去

冒頭で報じた通り、MLBの監督として活躍したフランクロビンソン氏が死去しました。

死因は以前から療養をしていた骨肉腫とのことです。

日本メディアではあまり報道されていませんが、海外では彼が骨肉腫をかなり前から患っていることが報道されており、『長い闘病説に終止符が打たれた』というような論調が目立っています。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

フランクロビンソンさんって生涯唯一の打撃タイトル3部門で3冠王だった人だよね

「票が割れるような選手は殿堂に入る資格は無い!」 フランクロビンソンは偉大だった。
川上哲治のフォームはフランクロビンソンに似ていた。たぶん、真似たんだろう。

ロビンソンと言えば連続敬遠だな
黒人初のホームラン王をとらしたくない相手チームがロビンソンの打席は全部敬遠
ロビンソンは抗議の意味を込めてバットじゃなく万年筆で打席に立ったのは今も語り草
御冥福をお祈りします

子供や妻と現役時代の活躍

フランクロビンソン氏といえば、両リーグでMVPを獲得したことのある唯一の選手です。

米国野球殿堂(Baseball Hall of Fame)入りしているロビンソン氏は、選手としてボルティモア・オリオールズ(Baltimore Orioles)でワールドシリーズを2度制覇。1966年に打率、本塁打、打点の三冠を獲得し、1976年に引退するまでに歴代10位の586本塁打を放った。

このように、数々の偉大な記録を残しており、現在現役で活躍する野球選手にも多大な影響を与えたとされています。

メジャーデビューした1956年に新人王に輝いたロビンソン氏は、1961年にナ・リーグのシンシナティ・レッズ(Cincinnati Reds)で、1966年にア・リーグのオリオールズでシーズン最優秀選手(MVP)を獲得。現在でも両リーグMVPの偉業に肩を並べる選手は現れていない。

ちなみに、私生活では1961年にバーバラアンコール氏と結婚。2人の間には2人の子供がいるようです。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。