【死因は病気?】内田正人(キングストーンズ)が死去 嫁,息子(子供)などの経歴と入院先

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

コーラスグループ『キングストーンズ』として活躍された内田正人さんが死去しました。この件について、スポーツ報知などは以下のように報じています。

「グッド・ナイト・ベイビー」などのヒット曲で知られる4人組コーラスグループ「ザ・キングトーンズ」のリーダーで、リードテナー担当の内田正人さんが15日に亡くなったことが17日、スポーツ報知の取材で分かった。享年82。通夜・告別式は後日執り行う。

“不滅のスカイテナー”と称賛された、昭和を代表するボーカリストが天国へと旅立った。内田さんは2004年に脳梗塞で倒れたが、1年間のリハビリを経て、05年のフジロックフェスティバルでステージに復帰。07年まで同フェスに3年連続で出演した。関係者によるとその後、再び体調を崩し、約10年前から病気療養中だった。昨年末までは大好きなステーキもたいらげていたが、今年に入ってから体調が良くなかったという。

昭和のスターの突然の訃報に、キングストーンズ時代のファンを中心として悲しみの声が相次いでいます。


死因は病気?内田正人(キングストーンズ)が死去

冒頭に報じたとおり、キングストーンズの内田正人さんがなくなりました。

各報道機関の報道内容を見ると、直接的な死因については言及されていません。

彼は2004年に脳梗塞で倒れたという過去がありますので、血管系の何らかの病を発症して死につながった可能性が高いと考えられます。

脳梗塞や心筋梗塞などは、一命をとりとめたとしても5年間は安心できないと言われており、検査入院などを続けるのが一般的です。

ただ、内田さんの場合には10年ほど前から療養生活を送っていたということからも、急性の病で亡くなられたわけではないのでしょう。

今後公開される可能性もあるため、最新情報が入り次第追記いたします。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

つい最近、ユーチューブで見て、改めて凄いボーカルだと思ったのに、残念。
いい歌をありがとうございました。
合掌

ドゥワップの元祖、シャネルズが出るまであまり聴いた事ないジャンルの曲調だった。今聴いても親しみ易くかっこいい曲。

私26ですが、亡くなった叔母が好きで良くこの曲を聴いていました。
一つの区切りなのかな。
お悔やみ申し上げます。

当時は、まだ生まれていなかったので、リアルタイムでは聴いた事はありませんでした。
ある音楽番組で、「グッドナイトベイビー」を聴いた時、なんて美しいテナーボイスなんだろうと思いました。
曲もすごく気に入りましたね。
心から、ご冥福をお祈り致します。

嫁,息子などの経歴と入院先

2019年2月現在、内田さんの家族に関する情報は一切公開されていません。

年齢的にはお子さんはもちろんのこと、お孫さんがいてもおかしくない年齢でしょう。

また、療養をしていた入院先についても好評はされていないものの、地元である横浜市内の病院である可能性は高いと思われます。

以下、簡単な略歴になります。

内田 正人(うちだ・まさと)
1936年10月29日、横浜市生まれ。日大高から日大法学部に進学。58年に音楽活動をスタートし、60年に石井迪、加生スミオ、成田邦彦とザ・キングトーンズを結成。愛称はジュン。内田ジュン、十戒仁のペンネームで作詞・作曲も手掛けた。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。