【死因は病気?】三遊亭小円朝(落語家)が死去 本名=高橋秀帆、肺炎が悪化

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

落語家として活動していた、三遊亭小円朝さんが2018年12月15日に死去しました。読売新聞などによれば、以下のように報じています。

落語家の三遊亭小円朝(さんゆうてい・こえんちょう、本名・高橋秀帆=たかはし・ひでほ=)氏が15日、肺炎で死去した。49歳だった。告別式は近親者で行う。喪主は妻、好(よしみ)さん。

父親も落語家(三代目三遊亭円之助)で、1996年、三遊亭円橘に入門。2005年に真打ち昇進して四代目小円朝を襲名した。

報道にもある通り、親の代から噺家として活躍。

今後三遊亭一門を引っ張っていく中心人物になるのではと期待されていただけに、落語ファンのなかでは動揺が広がっています。

スポンサーリンク


死因は病気?三遊亭小円朝(落語家)が死去

読売新聞の報道にもある通り、三遊亭小円朝さんの死因は肺炎とのことです。

高齢の場合には肺炎が直接的な死因となる場合も多く、その肺炎の発生原因が風邪であることも珍しくありません。

ただ、三遊亭小円朝さんの場合には49歳ということで、他の病気を患っていたのではないか?といわれています。

この点については、現段階でははっきりしたことがわかっておらず、追加情報があり次第追記していきます。

ネットの反応

スポンサーリンク

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

49歳での死は本当に早い

肺炎で亡くなる人が多いから
気を付けないといけないね

ご冥福をお祈りいたします

他の病気を患っていたのかな…。

49歳での死去、余りにも早すぎます。

ご冥福をお祈りいたします。

風邪から肺炎にもなるさ。
息が苦しくなってから病院に行っても手遅れ。

間質性肺炎なのかな。肺炎は肺炎でも予後が悪い肺炎です。まだお若いのに。ご冥福をお祈りします

40代後半で死か。
たかだか肺炎と舐めていたら駄目だな。
風邪もそうだが逆に施術を伴わないようなもののほうが怖いな。
些細なことでも慎重さをもたなければいけない。

私が無知なのか誰か存じ上げず、検索しても出てこない泣
若すぎるのは本人や周りも辛いことでしょう。
ご冥福をお祈りします。

最終的には肺炎や心不全、、その病名が死亡診断書に書かれることが多い。
何十年前に脳梗塞して、長らく寝たきりで、最後は肺炎みたいな。
40代で肺炎でってのは、、、??
なんか原疾患があったんではない。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。