【死因:病気(脳腫瘍)】吉田博美議員が引退→死去 ズラ疑惑と学歴

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

自民党参議院議員幹事長や、総裁特別補佐などを歴任したベテラン議員の吉田博美さんが亡くなったことが分かりました。

近年は闘病生活を送っていることが報じられていたものの、70歳という年齢での訃報に、政界などからは悲しみの声が多く聞かれます。

今回ほ突然の訃報が報じられた吉田博美議員について取り上げます。


死因:病気(脳腫瘍) 吉田博美議員が引退→死去

今回の件について、産経新聞などは以下のように報じています。

自民党の前参院幹事長を務めた吉田博美(よしだ・ひろみ)氏が26日午後、東京都内の病院で死去したことが分かった。吉田氏は脳腫瘍が見つかったため、改選を迎えた今年7月の参院選に出馬せず、政界を引退し、療養していた。70歳だった。

吉田氏は早稲田大卒業後、長野県議などを経て、平成13年の参院選で初当選。自民党の参院国対委員長などを歴任し、28年7月から参院幹事長に就任。野党や安倍晋三首相との太いパイプを生かし、参院の人事や国会運営を取り仕切った。

出典:産経新聞

報道にある通り、26日の午後に、ベテラン議員として知られる吉田博美議員が死去しました。

直接的な死因については言及されていませんが、脳腫瘍で闘病生活を送っていたということから、これが関係していることは間違い無いでしょう。

吉田氏は2018年ごろに転倒し、その際に痛めた右足がなかなか寛解せず、病院を受診したところ、脳腫瘍が発見されたとのことです。

ズラ疑惑でネットで話題に

吉田博美氏は、政治家であれば知らない人はいない超有名人。

影の実力者などと評されたこともあり、表舞台ではそこまで目立っていないものの、相当重要なポストを歴任してきました。

そんな吉田氏ですが、ネット掲示板などではズラ疑惑などが取り沙汰され、一時期話題になったことがあります。

特徴的な髪型から、不自然なのではないか?という話に発展し、噂が拡散されたわけですが、真意の程は不明です。

学歴&経歴について

吉田博美議員は、1949年生まれの政治家。

小泉内閣では国土交通大臣政務官などを務め、その後は参院議員幹事長などを歴任してきました。

参院議員としての当選回数は3回で、2001年7月の参院選で初当選しました。

それ以前は長野県議会議員で当選回数5回を数え、参院選出馬直前の2000年からは長野県議会議長も歴任しています。

公式サイトなどでは最終学歴は早稲田大学社会科学部卒業と記載されていますが、大学卒業後にスイス、イギリスなどへの留学経験があります。

ちなみに、高校は長野にある公立高校の長野県飯田高等学校です。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

体調が良くないのは耳にしていたが、まさか亡くなられたとは。

ご冥福をお祈りします。

体調不安が囁かれていましたが、まさか訃報に接するとは…。

謹んで吉田氏の御冥福をお祈り致します。
合掌

青木幹雄の威を借る狐だった。
参院のドンでありながら、世間的には全く無名。
ご冥福をお祈りします。

スポンサードリンク