加茂克也の死因は病気?死去死亡で自宅や家族+作品集

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

ヘアメイクアップアーティストとして活躍した加茂克也さんが2月に亡くなっていたことがわかりました。

加茂さんはモード系ヘアメイクアップアーティストの第一人者とも言われており、業界では知らない人はいないほど有名な人物。

COMME des GARCONSやCHANELなどの超有名ブランドを担当したことでも知られています。

そんな加茂さんの突然の訃報に、ショックを受ける人も多いようです。

ここでは突然の訃報が報じられた加茂克也さんについて、詳しく取り上げていきます。


加茂克也が死去死亡で死因は病気?

今回の訃報について、VOGUE JAPANなどでは以下のように報じられています。

世界的なヘアメイクアップアーティスト、加茂克也が2月に亡くなった。享年54歳

90年代より、シャネルやフェンディ、ジュンヤワタナベ・コム デ ギャルソン、アンダーカバーといったコレクションや、各国のモード誌、キャンペーンビジュアルなどで幅広く活躍。既成概念にとらわれず、斬新な発想を次々に生み出していた彼の作品は、ファッション&ビューティー界に多大なる影響を与え続けてきた。

報道にある通り、加茂さんが2月に亡くなっていたことが明らかになったとのこと。

ただ、具体的な死因については言及されていません。

VOGUEの他にも、WWDなどのファッション関連メディアが加茂さんの訃報について報じていますが、こちらにも死因は記載されていませんでした

モードファッションにおけるヘア&メイクの第一人者、ヘアメイクアップアーティスト加茂克也が2月に亡くなった。享年54。メディアが伝えた。

出典:WWDより

直近まで活動をされていたようで、病歴や闘病生活などに関する報道もなかったため、ファンにとってもまさに突然のお別れとなりました。

最後のインスタ投稿は2019年11月

加茂克也さんはネットメディアとして、Twitterとインスタグラム、公式ホームページの3つを持っています。

このうち、もっとも直近に更新されていたのはインスタグラムの以下の投稿です。

この投稿をInstagramで見る

#my daughter pints

Katsuyakamo(@katsuyakamo)がシェアした投稿 –

2019年11月13日の投稿で、このときはまだ精力的に活動していた様子が伺えます。

この投稿までは平均して1ヶ月に1回ペースでは更新されており、この投稿を最後にぱたりと更新が途絶えていました。

もしかすると、このタイミングで加茂さん身体に何かしらの不調が現れたのかもしれません。

1年前には冨永愛さんとの対談も

職業柄そこまでメディアへの露出が多かったわけではありませんが、1年ほど前にVOGUEにてモデルの冨永愛さんと対談が行われました。

20年以上も一緒に仕事をやってきた仲間として、過去の話や仕事に対する考え方などを赤裸々に話されています。

ファッション業界の今後などについても話されており、自分たちが引っ張っていかなければいけないといった使命感も強く持たれていたようです。

この対談が記憶に残っているファンも多くいるようで、SNSなどでは『この1年後に亡くなるなんて。。』といった悲痛な声が上がっています。

自宅や家族、作品集について


↑プロフェッショナル仕事の流儀に出演された際の加茂さん

加茂さんはその独創的な感性からファッション業界に与えた影響は極めて大きいといわれています。

そんな彼の自宅も非常に独創的

過去にはmod’s hairの雑誌のなかで自宅を公開されていました。

また、以下のサイトに自宅のさまざまな写真がまとめられています。
https://theselby.com/galleries/katsuya-kamo/

具体的な家族構成などについては不明ですが、アートな自宅で独特の感性を磨かれていたのでしょう。

その感性から生み出された作品は非常に高く評価されています。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

90年代のファッション誌で、気になる写真のクレジットを見ると、よく名前をお見かけしたものでした。。
寂しいですね。

信じられない。
面識こそありませんでしたが
仕事柄いつも活躍を拝見しておりました。
素晴らしいクリエイターの死に
心からお悔み申し上げます。

驚きました(゚-゚;)

まだ、お若いのに。。。

才能溢れるクリエイターさんの死、悔やまれます。

スポンサードリンク