【死因:病気(直腸がん)】山田スミ子(新喜劇/女優)が死去 夫(旦那)は?画像あり

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

元吉本興業に所属し、新喜劇でも活躍した女優の山田スミ子さんが死去しました。スポーツ報知などによれば、以下のように報じています。

元吉本新喜劇の女優・山田スミ子(本名・山田壽美子)さんが2月12日に亡くなっていたことが5日、分かった。所属事務所がこの日、発表した。73歳だった。

山田さんは幼い頃から宝塚映画の子役として活動した後、吉本新喜劇に入団。花紀京や岡八郎らと共演した。その後はテレビ、映画で幅広い活躍を見せていた。

同事務所によると、昨年3月に母親が98歳で亡くなるまで10年間にわたり、女優業と介護を両立した。母親の他界後、直腸がんと診断されたが、周囲には知らせずに仕事に取り組んできた。だが、今年に入り、急激に体調が悪化し、主治医からは「あと2~3か月の命」と宣告されていたという。

今回は突然の訃報が報じられた山田スミ子さんを取り上げます。


死因:病気(直腸がん) 山田スミ子(新喜劇/女優)が死去

報道にある通り、山田スミ子さんの死因は直腸がんです。

近年は闘病生活を送りつつ、精力的に女優としても活動していましたが、2019年に入ってから数ヶ月の余命であることを申告されたということです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

怒った時の演技が素敵でした。この人を見て育ちました。大好きでした。どうか安らかにお眠りください。

これはショックや…
スミ子さんと花紀さんは、新喜劇の役者もしながら、普通のドラマでも活躍してて、新喜劇ファンとして誇らしく思ってた。

マドンナ役でも恐妻役でも、なんでもこなせた素晴らしい役者さんでした。

たくさん楽しませてくれて、ありがとうございました。

家政婦は見たにも出演されてましたね。
ご冥福をお祈りいたします。

朝日放送「あっちこっち丁稚」で「あかんって言うてんのんがわからんのんか〜!」と山田さん演じる御寮さんが激昂し、赤フン男が脈略もなく登場するお約束のシーンが大好きでした。今の未知やすえさんの激ギレキャラの元祖的なマドンナ役でしたね。お悔やみ申し上げます。

小さい時、日曜の昼間、「あっちこっち丁稚」の怒鳴りちらし演技が大好きでハマりました。怒鳴ると赤ふんどしの人が出てくるのを覚えている方も多いと思います。ご冥福をお祈りいたします。

岡八郎さん花紀京さん井上竜夫さん中山美保さん島木譲二さんに続いて昔の新喜劇の芸人さんがいなくなるのが寂しい。昔から新喜劇の舞台で活躍されてる、池乃めだかさん桑原和男さんチャーリー浜さんやなぎ浩二さん末成由美さんなどのベテランの方々にこれからも頑張って元気に長生きしてほしい

吉本新喜劇では怒鳴り声と言えば山田スミ子が断トツでしょう~
ほんまに大阪のおばちゃんはこんな人ばかりなんだろうと思っていました。吉本の先輩方は俳優でも十分こなせる実力を持っている人が多く、喜劇から映画への転身でも違和感なく活躍していたイメージがあります。大阪の笑いが今も継続しているのは、この大先輩方の残してくれた実績も生かされているからだと感じます。また介護との両立はとても大変で辛かったと思います。ご冥福をお祈りします。

夫(旦那)は?画像あり

山田スミ子さんに夫がいたかどうかは不明です。

そもそも、結婚歴があったのかどうかも明確なソースがないため、わかりません。

プライベート情報については詳しいことが分かり次第追記していきます。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。