【死因:病気(うっ血性心不全)】砂川しげひさ(漫画家)が死去 からだの絵本など

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

漫画家として生前活躍した砂川しげひさ氏が死去しました。産経新聞などによると以下のように報じています。

砂川しげひさ氏(すながわ・しげひさ、本名・惠永=しげひさ=漫画家)6日、うっ血性心不全のため死去、77歳。葬儀は近親者で行う。喪主は妻、妙子(たえこ)さん。

昭和46年に「寄らば斬るド」で文芸春秋漫画賞。平成19年には「タマちゃんとチビ丸」で日本漫画家協会賞大賞を受賞。

数多くのヒット作を生み出し、日本のマンガ界のいち時代を築き上げた漫画家の訃報に、悲しみの声が多数寄せられています。


死因:病気(うっ血性心不全)砂川しげひさ(漫画家)が死去

報道にある通り、砂川しげひさ氏の死因はうっ血性心不全とのことです。

2007年に「タマちゃんとチビ丸」で日本漫画家協会賞大賞を受賞してから、大きなニュースはなく近況については不明でした。

今回、突然の訃報となりファンの間でもショックを受けている人は多いようです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

本業より、80年代にクラシック音楽
エッセイで話題になっていた印象。

一つの時代が終わったわ
昭和がまた遠なるわ

謹んでお悔やみを…

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。