増岡弘が死去で死因は病気(がん) 体調不良で引退も

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

フジテレビで放送されている長寿アニメ『サザエさん』のマスオさん役などでお馴染みの増岡弘さんが死去しました。

2019年8月の放送を最後にマスオさん役を引退し、次世代に交代。

このときも増岡さんの体調についてさまざまな噂が囁かれていました。

今回は訃報が報じられた増岡弘さんについて、詳しく取り上げていきます。


増岡弘が死去で死因は病気(がん)

増岡さんの訃報について、スポニチアネックスなどは以下のように報じています。

フジテレビ「サザエさん」のフグ田マスオ役、日本テレビ「それいけ!アンパンマン」のジャムおじさん役で親しまれた声優の増岡弘(ますおか・ひろし)さんが3月21日午前2時53分、直腸がんのため死去した。83歳だった。26日、所属の俳協が発表した。葬儀は家族葬で執り行った。お別れの会は故人の意思により行わない。

増岡さんは1936年、埼玉県生まれ。63年に「狼少年ケン」で声優としてのキャリアをスタートさせた。また、劇団「東京ルネッサンス」を主宰し、俳優としても活動した。

報道にある通り、増岡さんは21日の深夜に息を引き取ったとのことです。

死因は直腸がんと公表されています。

番組降板などが報じられた2019年当時は体調不良であることは公表されていたものの、具体的な病状などは報じられていませんでした。

ただ、今回の訃報を見る限りでは、2019年当時からがんを患っており、闘病生活を送っていたことが推察されます。

体調不良→引退も正直さんぽで復帰

増岡さんといえば、マスオさん役とジャムおじさん役で有名な声優さんでした。

ただ、2019年8月に高齢を理由に降板を決意。

当時の俳協公式サイトでは以下のように発表されていました。

当組合所属 増岡 弘でございますが、『高齢』により下記2作品に関しましては、次の世代の方に託し卒業させていただく運びとなりました。

・「サザエさん」 マスオ役(約40年間出演)
・「それいけ!アンパンマン」 ジャムおじさん役(約30年間出演)

毎週番組を楽しみにしていただいている視聴者のみなさま、家族のように温かいスタッフ・キャストのみなさまにはご心配とご迷惑をおかけすることとなり、誠に申し訳ございません。

この降板から1ヶ月後に正直さんぽのナレーションも降板。

このときには体調不良であることが報じられ、ファンから心配の声が相次ぎました。

ただ、正直さんぽのナレーションについてはすぐさま復帰をしており、闘病生活を送りながらの仕事継続をしていたようです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

マスオさんもだけど、ナレーションも好きでした。
最近だと有吉の正直散歩。

ご冥福をお祈りします。ありがとうございました。

マスオさん。。
ナレーションも好きでした。
決して主役ではないけど、大事な脇を固める名バイプレーヤー。ご冥福をお祈りします。

マスオさんの声優が変わった背景には、増岡さんの体調面があったんですね…。
残念です…合掌。

スポンサードリンク