【死因は病気?】佐山雅弘(ジャズピアノ)が死去 嫁や息子は何してる?

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

ジャズピアニストとして活躍した佐山雅弘さんが死去しました。オリコンニュースは以下のように報じています。

ジャズピアニストの佐山雅弘(さやま・まさひろ)さんが14日に死去した。ミューザ川崎シンフォニーホール公式サイトで同日、訃報が伝えられた。64歳だった。

サイトでは「ミューザ川崎シンフォニーホールの開館当初より、ホールアドバイザーとして人気企画『ジャズピアノ6連弾』『オーケストラで楽しむ映画音楽』『サマーナイト・ジャズ』など、ジャズを軸とした人気企画を多数プロデュースしていただきました」とし「スタッフ一同ご回復をお祈りしておりましたが、願いかなわず私どもも非常に残念です」と記した。

なお、今月16日の『佐山雅弘 スペシャル・ピアノ・プロジェクトジャズ・トライアングル ~ The 3 Pianists』については「本人のご遺志により予定通り開催いたします」と報告し「ご子息の佐山こうた氏(ジャズピアニスト)及び、故人と旧交の深かった国府弘子氏(ジャズピアニスト)が代わって出演いたします」と発表した。

数日後にコンサートを控えていただけに、ショックを受けているファンは多いようです。

今回は突然の訃報が報じられた佐山雅弘さんを取り上げます。

スポンサーリンク


死因は病気?佐山雅弘(ジャズピアノ)が死去

上記報道では直接的な死因は報道されていません。

ただ、佐山さんは2014年に胃がんの手術をされていて、2017年には腸閉塞の手術も受けられています。

死因に関する公式発表は依然としてありませんが、2014年に発症した胃がんが原因と思われます。

ちなみに、2018年の8月には血液検査の結果が思わしくなく、再度入院をすることになったそうです。

以下、公式サイトに掲載された全文を引用。

みなさま。佐山雅弘より

このお手紙がお手元に届く時、僕はこの世におりませんが、長きに亘ってのお付き合いにお礼を言いたくて家人に託しました。

加山雄三とタイガースが大好きな中学生。高度成長期大阪の衛星都市尼崎に親父が構えた小〜さな小売商を継ぐことに何の疑念も持たないごく普通(以下)の子供がジャズとの出会いで、楽しさこの上ない人生を送ってしまいました。

まことに人生は出会いであります。

「君の身体は君の食べたモノで出来ている」と言いますが、まったく同様に僕という者は僕が出会った人々で出来ているのだとしみじみ実感したことです。

その出会いを皆様にあらためて感謝しつつ、今後益々の良き日日を祈りながらお別れをします。

ありがとう、さようなら

2018年11月14日 佐山雅弘

ネットの反応

スポンサーリンク

今回の訃報を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットに投稿されたユーザーの声を一部を紹介します。

何度かツアースタッフとして御同行させて頂きました。
とても物腰の柔らかい気さくな方で、スタッフ側が恐縮するほどでした。
術後、だいぶ回復したと伺っていた矢先、残念でなりません…。
氏の事ですから、周囲に迷惑を掛けないようにとの お気遣いだったのだと思います。
心よりご冥福をお祈り致します。

何度かツアースタッフとして御同行させて頂きました。
とても物腰の柔らかい気さくな方で、スタッフ側が恐縮するほどでした。
術後、だいぶ回復したと伺っていた矢先、残念でなりません…。
氏の事ですから、周囲に迷惑を掛けないようにとの お気遣いだったのだと思います。
心よりご冥福をお祈り致します。

この訃報を知り驚きと共に悲しみに打ちひしがれました。
佐山さん、私が大好きなピアニストの一人でした。
私が大学生の頃、私の幼馴染のジャズボーカリストの伴奏を時々やっていただいていたこともあって、佐山さんの演奏を生で聴く機会が何度もありました。ある日、その友達と挨拶するために楽屋を訪れると、佐山さんが彼女に対して「さっきのあの曲のあの部分の歌詞、複数形の”s”がついてなかったよね」と細かい指摘をしていました。ジャズ的にすごくスリリングな伴奏をしつつもこんなに細かい所まで聴いている佐山さんの耳の良さに驚くと共に、当時の若手の歌手が成長するために厳しくも優しい指導をしていたんだなあと思いました。
大野えりさんの伴奏や、ポンタボックスの演奏も大好きでした。
ご冥福をお祈りいたします。

嫁や息子は何してる?

佐山さんはご結婚されており、息子さんもいらっしゃいます。

奥さんについて公表されている情報はほとんどありませんが、息子さんは『佐山こうた』さんというらしく、同じピアニストとして活躍されています。

学生時代からプロの世界で活躍していた佐山さんの才能と遺志を受け継ぎ、素晴らしいピアニストとして世界的に活躍してほしいですね。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。