【死因は病気?】仲川遥香(元JKT)の姉が死去 インドネシアでの現在の活動

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

インドネシアを拠点に活動しているJKT48の元メンバーであった仲川遥香さんが、SNSで実の姉が死去したことを報告し、話題となっています。スポニチアネックスなどによると以下のように報じています。


元JKT48でタレントの仲川遥香(27)が11日、自身のSNSで、今月4日に実姉が亡くなっていたことを明かした。28歳だったという。

仲川はこの日SNSを更新し、「実は日本に帰ってました。先週5月4日に私の姉が亡くなりました。私の大切なお姉ちゃんが亡くなったと聞いて急いで日本に戻りました」と実姉が亡くなったことを報告。

「今この文を書いているだけでも涙がとまりません。本当に信じられなくて信じたくなくてどうしていいか自分でもわからなくて。辛い。だってお姉ちゃんの声も聞けないんだよ。辛いよ。辛すぎるよお姉ちゃん。まだ28歳のお姉ちゃん。いなくなるなんて考えてもなかったから本当に本当に悲しいし涙が止まりません」と、悲痛な心境を吐露した。

悲しみの中で支えてくれたJKT48のメンバーやスタッフへの感謝を明かし、「人生は一度きりでいついなくなるかわからない。だから後悔しないで生きていかないといけないと思いました。当たり前に明日があると思ってはいけないなって。だから1日1日を大切に生きなきゃいけない。お姉ちゃんの分も私は大切に生きていきます」と覚悟をつづった仲川。

「お姉ちゃん大好きだよ。本当にありがとう。また生まれ変わっても私のお姉ちゃんでいてほしいなっ」と結んだ。

報告は自身の公式ツイッターで行われ、ファンからは数多くの哀悼コメントが寄せられました。

今回は突然の訃報を報告した仲川遥香さんと、若くして亡くなった実の姉について取り上げます。


死因は病気?仲川遥香(元JKT)の姉が死去

仲川遥香さんは実の姉が亡くなったことを、自身のTwitterを通して公表しました。

また、自身のインスタグラムでも同様の投稿をしています。

実の姉の死因について、詳しいことは公表されていませんが、彼女が姉の訃報を絵文付きで、しかもSNSで報告したことについて一部のネットユーザーから批判が殺到

それに対する彼女の一連のTwitterの投稿を見る限り、どうやら死因は病気であったことが読み取れます。

3つ目に掲載した投稿を見る限り、姉は自分の死期を悟っていたことが分かります。

そのため、突然の死去というわけではなく、ある程度の期間闘病生活を送られていたと推察されます。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

若いからといっても必ずしも健康とは限らないのね。明日は我が身だ。もう若い部類に入らない。

実姉かぁ、近い人だよね…仲川さんは普段明るすぎるくらいのキャラだから、仕事での言動もつらいだろうな。。
ご冥福をお祈り致します。

それは辛いですね。無理してSNSにあげなくてもいいと思います。人によっては、それを批判的に書く人もいますから。家族の死は、家族が一番辛いです。周りもしばらくそっとしてあげてほしい。

インドネシアでの現在の活動

仲川遥香さんは2018年12月30日を持って、JKT48としての活動を終了。

それと同時に、活動期間中に在籍していたプロダクション尾木との契約も終了しています。

2019年現在は電通インドネシアという事務所に在籍しており、インドネシアで活動を継続中。

ちなみに、2017年には日本インドネシア国交樹立60周年親善大使にも任命されており、女優業などを通して世界的に幅広く活動しています。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。