【死因は病気(脳梗塞)?】ウォーリー山口(山口雄介)が死去 危篤状態に奥さん(妻)や息子(子供)は

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

海援隊のマネージャーとして活躍したウォーリー山口こと山口雄介さんが死去しました。日刊スポーツなどによると、以下のように報じています。

プロレスラーのTAKAみちのく、FUNAKIらとWWF(現WWE)でユニット「海援隊」のマネジャーとして活躍したヤマグチ・サンことウォーリー山口さん(本名・山口雄介)が10日、死去した。60歳だった。

17年末に脳梗塞を発症し、入院を続けていたという。同日、TAKAみちのくが自身のツイッターで山口さんの死去を報告し「デビュー前からいろいろお世話になっていたウォーリー山口さんが旅立った。日本では各団体でレフェリーとして活躍。英語が堪能でアメリカではマネジャーヤマグチサーンとしても助けてもらいました。心よりご冥福をお祈り申し上げます」とつづった。

東京・港区出身の山口さんはプロレス雑誌「ゴング」の編集者を経て、98~01年までWWFでTAKA、FUNAKI、ディック東郷、MEN’Sテイオーらが在籍した海援隊でマネジャーとしてリングで活躍。その大きな存在感から山口さんの死去は複数の米メディアでも報じられた。またレフェリー、マネジャー、コメンテーターとしても日本のプロレス界を支えていた。

プロレス界を支えた功労者として評価する人も多く、ネットでも悲しみの声が多数寄せられています。


死因は病気(脳梗塞)?ウォーリー山口(山口雄介)が死去 いつから危篤状態?

報道にあるように、山口さんは2017年末に脳梗塞を発症し入院。そのまま入院生活を送ることになりました。

直接的な死因について明言している報道機関はありませんが、2017年に発症した脳梗塞が関係している可能性は高いでしょう。

2017年から長い入院生活を送っていたということもあり、容態は余談を許さないような状況だったのでしょう。

脳梗塞を発症した2017年12月の段階で、危篤状態だったということも知人がブログで語っていました。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

内外からプロレスを支えてくれた功労者だったなぁ。
特に、初期のインディー出身のレスラーは山口さんに練習場所を借りて、デビューを夢見た人一杯いるだろ。
小さい会場でいいから、追悼やってあげて欲しいけど無理かな。
竹内さんですらなかったもんな。

悪徳マネジャーとして有名で、
一方で敏腕で人望がある功労者でした。
それにしても還暦で亡くなるのは若すぎる、惜しい人を亡くしたよ。

まず60という若さに驚いた。
海援隊でアメリカ乗り込んでいたのは30代後半、マネージャー姿はそうは見えない貫禄があったから。
ショックだ。

ウォーリーといえば自分にとってはユニバのレフェリー
6人タッグでケンドーが敵を3人連続でひょいひょいすくい投げした後
勢いあまってレフェリーまでなげてしまうという定番ネタで
派手に受け身をとっていたなあ
同じくユニバのレフェリーだったテッドも若くして亡くなってしまうし
若ハゲのブルース・クリッツマンは元気でやってるんだろうか

奥さん(妻)や息子(子供)は?

奥さんや子供に関する情報については公にされている情報はなく不明です。

情報がわかり次第、追記いたします。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。