【死因:病気(膀胱がん)】野呂田芳成が死去 秘書の口利きや息子の高校は?結婚してる?

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

防衛庁長官などを歴任した政治家=野呂田芳成(のろたほうせい)氏が死去しました、朝日新聞などによると、以下のように報じています。

農林水産相や防衛庁(当時)長官を歴任した元衆院議員の野呂田芳成(のろた・ほうせい)氏が23日、膀胱(ぼうこう)がんのため、死去した。89歳だった。葬儀の日程は未定。近親者だけで執り行い、後日、都内と秋田県内でお別れの会を開く予定。

野呂田氏は1929年、秋田県能代市で生まれた。中央大学法学部を卒業後、建設省(当時)に入省。77年に自民党公認で秋田選挙区から参院選に立候補し、初当選した。83年の総選挙で衆議院に転じ、旧秋田1区で当選。以来、7期連続で当選し、95年に農水相、98年に防衛庁長官を務めた。

2005年、小泉純一郎首相(当時)の郵政民営化法案に反対。無所属で立候補した同年の「郵政選挙」で8選されたが、自民党からは除名処分を受けた。
08年に政界引退を表明し、09年の衆院選には出馬しなかった。その後は日本相撲協会が設けた生活指導部特別委員会の外部委員などを務めた。

利権問題など、さまざまな問題に絡んだため、世間からは一部批判的なコメントも出ていますが、大物政治家の死にネットでは追悼コメントが殺到しています。


死因:病気(膀胱がん) 野呂田芳成が死去

冒頭に記載したとおり、元防衛庁長官の野呂田芳成氏が死去しました。

死因は膀胱がんで、晩年は入院生活を送っており、文京区にある某病院で闘病をされていたとのことです。

政界引退後は、2010年6月に大相撲の賭博問題に際し、特別調査委員会の委員を務めましたが、それ以降は表立った活動はありませんでした。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

古き悪しき時代のザ・利権政治屋

滑舌が良いとは言えないシャベリの政治家だった。
ご苦労様でした。

問題を起こしたイメージしかありませんが。
ご冥福をお祈りします。

小泉純一郎に潰された国会議員か。

秘書の口利きや息子の高校は?結婚してる?

野呂田芳成氏といえば、過去に秘書が利権問題に絡んだとして報じられたことで有名です。

2003年の当時の記事では、以下のように取り上げられています。

国土交通省発注の森吉山ダム(秋田県)を受注した元請けゼネコンにたいし、自民党などの国会議員秘書らが工事の下請けから給食まで広い範囲で特定業者を使うよう「口利き」していたことが本紙の調べでわかりました。あまりの多さにゼネコン側が“政治家推薦業者メモ”を作るほどで、こうした巨大公共事業での「口利き」が利権の温床となっています。

野呂田芳成さんの私生活については、ほとんど公開されていないため不明なところが多いです。

結婚自体はしていると思われますが、息子さんの高校や学歴、現在の職業などについては公開されている情報は無いようです。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。