【死因は病気?】上野紀子(絵本作家)が死去 ねずみくんの絵本シリーズ

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

『ねずみくんの絵本』シリーズで知られる絵本作家の上野紀子さんが死去しました。読売新聞オンラインなどによると、速報で以下のように報じています。


「ねずみくんの絵本」シリーズの絵で知られる絵本作家、画家の上野紀子(うえの・のりこ、本名・中江紀子=なかえ・のりこ)さんが2月28日、死去した。78歳だった。葬儀は近親者で済ませた。

夫の中江嘉男さんが文を担当し、絵本を合作。1974年から、たくさんの友達を持つ「ねずみくん」の日常を描いたシリーズを発表し、計35巻・累計400万部以上を発行した。第1作「ねずみくんのチョッキ」で講談社出版文化賞絵本賞。2005年には、中江さんと共に巌谷小波文芸賞を受賞した。ほかに絵本「ちいちゃんのかげおくり」(あまんきみこ作)などがある。

小さい頃に彼女が手がけた作品を読んだ記憶がある人も多く、ネットでも悲しみの声が多数寄せられています。


死因は病気?上野紀子(絵本作家)が死去

冒頭で記載したように、絵本作家の上野紀子さんが死去しました。

日本を代表する絵本作家の訃報は、読売新聞以外にも数多くのメディアが速報で報じています。

しかし、いずれのメディアでも具体的な死因については明らかにされていません。

現時点では唯一、時事通信だけが東京都内の病院で死去したことを伝えています。

上野紀子さん(絵本画家)が2月28日、東京都の病院で死去した。78歳だった。埼玉県出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は夫で絵本作家のなかえよしを(本名中江嘉男)氏。

※時事通信より

晩年の活動や病歴などについては明らかにされていませんが、病院で亡くなられたということで病死である可能性が高いでしょう。

ここについては、最新情報が入り次第追記致します。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

家にこの絵本あります。子供の頃好きな絵本の1つでした。沢山の絵本を買ってくれた親には今とても感謝しています。絵本との出会いは自分という人間を豊かにしてくれました。

子供に読み聞かせしながら、自分も楽しんで読ませて頂きました。
絵本界にずっと生き残る作品だと思います。
有難うございました。

最近、とても素敵な絵本作家さんが亡くなられていますね。何年経っても変わらず良いものが、今後も沢山愛されますように。
保育の現場でも使い続けていきます。

小学生の時に学校の図書館にあったちいちゃんのかげおくりを読みました。初めて戦争の悲惨な事をこの本で知りました。
またねずみくんシリーズのようにほんわかした絵も好きでした。

なんの取り柄もなかった小学生の私が、ちいちゃんのかげおくりの劇でちいちゃんを演じ、先生に褒められたことを今でも覚えています。
そして、今は2歳の娘にねずみくんの話を読み聞かせし、娘はねずみくんとねみちゃんが大好きです。
良い絵本を描くと、その絵本はいつまでも残り、どの時代の子も読み聞かせをしてもらい記憶に残る、とてもステキなお仕事だと思います。
ありがとうございました。
ご冥福をお祈りします。

今は成人になってるが、ねずみくんのチョッキは子供たちに読み聞かせた記憶がある。伸びてしまったチョッキの絵はよく覚えています。この方の作品だったのですね、ありがとうございます。

ちいちゃんのかげおくり小さい頃何度も音読した記憶があります。
とても切ない物語でしたね。
子供の心にいつまでも残ってくれる名作を出してくれてありがとうございます。
ご冥福をお祈りします。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。