【死因は病気?】川端俊介が死去 現在(晩年)の活動

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

小説家:山際淳司のノンフィクション作品である「スローカーブを、もう一球」のモデルとして有名な川端俊介さんが死去しました。

56歳という若さでの突然の訃報に、世論からは悲しみの声が多く上がっています。

今回は、小説のモデル、そして小学校教諭として活躍された川端俊介さんについて取り上げます。


死因は病気?川端俊介が死去

今回の訃報について、朝日新聞などでは以下のように報じています。


川端俊介さん(かわばた・しゅんすけ=小学校教諭、短編ノンフィクション「スローカーブを、もう一球」のモデル)が22日、病気で死去、56歳。葬儀は26日午後1時から高崎市高関町460の1の高崎メモリードホールで営まれた。喪主は妻紀子(のりこ)さん。

81年春の選抜大会に初出場した高崎高のエースで、前年秋の関東大会で準優勝した過程は故山際淳司さんの短編「スローカーブを、もう一球」に描かれた。

報道によると、川端さんは2019年10月22日に息を引き取ったとのことです。

詳しい死因などについてはいずれのメディアでも公表されていませんが、病気によって亡くなったと報じられています。

川端さんは晩年闘病生活を送っていたなどの情報は公表されておらず、どのような病気を患っていたのかは今のところ不明です。

今後、詳しい死因や晩年の病状などが公表され次第、随時追記させていただきます。

現在(晩年)の活動

川端俊介さんは、1963年生まれの小学校教諭。

「スローカーブを、もう一球」のモデルとして世間に幅広く認知され、一躍有名になりました。

自身は群馬県立高崎高校の野球部出身で、エース投手として活躍しました。

高校卒業後は東京学芸大学に進学し、教員免許を取得。

晩年は群馬県の小学校で教員を務めていました。

ノンフィクション小説をきっかけに川端さんを知り、その後の活動なども応援していたファンは多く、SNSなどでも追悼の言葉が多く呟かれています。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

月山栄珠選手と対戦したときの描写が印象にあります。川端さんもセンバツで甲子園を経験されたんですよね。
その後は小学校の先生をなさっていたとか。
若くして亡くなられるの残念です。ご冥福をお祈りします。

この若さでご病気で亡くなるとは。「スローカーブを、もう一球」の、のどかな雰囲気が好きでした。

相当お若いですね。
自身の経験をもとに子供の育成にもっともっとあたって欲しかったですが、残念です。
昭和が遠くなりますね。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。