【死因:バス事故】ヨセフシュラル(サッカー)が死去 チェコ代表/アランヤスポル

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

サッカートルコ1部リーグのアランヤスポル(Aytemiz Alanyaspor)に所属するヨセフ・シュラル選手が死去しました。AFP通信などによると、以下のように報じています。

トルコ1部リーグのアランヤスポル(Aytemiz Alanyaspor)は29日、チェコ代表FWのヨセフ・シュラル(Josef Sural)選手(28)がチームメートと遠征先から戻る途中、バスの事故に遭遇して死亡したと発表した。クラブの会長によれば、バスの運転手が2人とも眠っていたことが事故の原因だと話している。

アランヤスポルはツイッター(Twitter)で、「チェコ出身のヨセフ・シュラルは、選手7人を乗せたチーム専用の小型バスで遠征先のカイセリ(Kayseri)から戻る際に事故に遭遇して重傷を負った。病院は懸命な治療を施したが、助からなかった」と明らかにした。

半国営アナトリア(Anadolu)通信によると、南部の都市アランヤ(Alanya)近郊で発生した今回の事故では、元トッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)のDFでイングランド代表経験を持つスティーヴン・コーカー(Steven Caulker)や、セネガル代表で元ニューカッスル(Newcastle United)のFWパピス・シセ(Papiss Cisse)ら他6選手も巻き込まれたが、いずれも重傷は免れたという。

突然の事故による訃報に、日本国内からも哀悼の言葉が相次いでいます。


死因:バス事故 ヨセフシュラル(サッカー)が死去

今回、突然の訃報が報じられたのはトルコ1部リーグのアランヤスポルに所属するヨセフ・シュラル選手。

チェコ代表のフォワードとしても活躍し、2019年からトルコ1部リーグのアランヤスポルに移籍したばかりでした。

ヨセフ・シュラル選手は奥さんとの間に2人の子供がおり、そのうちの1人は2019年2月に誕生したばかりだったといいます。

報道によれば事故の原因はバス運転手の居眠り運転ということで、遺族はもちろんのこと、サッカーファンとしてもやりきれない気持ちにさせられる訃報になりました。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

子供産まれたばっかりやのに…悲惨すぎるやろ。。。

バスの運転手、二人とも居眠りってあり得ないだろう。それに1人死亡で他の人は軽症って…ご家族はやり切れないね・・・
ご冥福をお祈りします。

バスの運転手って選べないからな

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。