【死因は病気?】レスソントン(プロレスラー)が死去 蛇の穴出身のNWA王者

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

イギリス出身のプロレスラー、レスソントンさんが死去しました。この件について日刊スポーツなどは以下のように報じています。

国際、新日本、全日本に参戦した元NWA世界ジュニアヘビー級王者レス・ソントンさんが1日(日本時間2日)にカナダで亡くなったと米国複数メディアが3日(同4日)に報じた。84歳だった。

死因は不明。付き添ったテリー夫人が「深い悲しみです。やすらかに天国へ旅立ちました」とコメントを出したという。

ソントンさんは英国マンチェスター出身で、“蛇の穴”と呼ばれるビリー・ライレー・ジムに入門し、57年にプロレスデビューし、英国を中心に活動。70年代に入るとカナダ、米国に進出。80年には当時世界最高峰の団体NWAのジュニアヘビー級王座を初めて奪取した。84年にはWWF(現WWE)へ移籍。91年に引退した。

タイガーマスクなどとも激戦を繰り広げ、日本でも多くのファンを獲得したプロレスラーの死に多くのファンから悲しみの言葉が相次いでいます。

スポンサーリンク


死因は病気?レスソントン(プロレスラー)が死去


※レスソントン氏の近影

冒頭で報じた通り、イギリス出身のプロレスラー『レスソントン』が死去しました。

海外メディアもこのニュースをこぞって取り上げているものの、死因についてはいずれのメディアも報じていません。

過去の病歴なども明らかにされていないため、現状死因の手掛かりになる情報は一切ない状態です。

新しい追加情報が入り次第、追記させていただきます。

ちなみに、同じくプロレスラーのレス・タッチャー氏はTwitterで以下のようにコメントを発表しています。

2月1日に84歳でLes Thorntonが亡くなりました。真面目なレスラーであり堅実な労働者でした。あなたは愛と尊敬をもって記憶されることでしょう。

ネットの反応

スポンサーリンク

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

列伝では噛ませ犬扱いだったけど、本来は最強タッグに呼ばれるくらいの実力派。
御冥福を祈ります。

列伝では噛ませ犬扱いだったけど、本来は最強タッグに呼ばれるくらいの実力派。
御冥福を祈ります。

え、じゃソントンが新日で戦っていた時はもう年齢が40代後半だったんだ・・タイガーマスクが勝って初めてNWAのタイトルを新日にもたらせたんだよね。それまでNWAは全日と友好関係だったのにね。ご冥福をお祈りします。

蛇の穴出身のNWA王者

彼はイギリスのマンチェスターに生まれ、蛇の穴と呼ばれたビリー・ライレー・ジムの出身です。

1957年にプロレスラーとしてデビューし、初来日は1970年のこと。

初のタイトル獲得はカナダでの北米ヘビー級王座でした。

新日本に参戦して以降は数々の名勝負を繰り広げ、数多くの王座を獲得していきました。

日本の多くの人の記憶に残っているのがタイガーマスクとの一戦。1982年に初代タイガーマスクと対戦した彼でしたが、惜しくも敗れ、タイガーマスクに初のWWFジュニアヘビー級王座とNWA王者の両王座統一を許しました。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。