【死因:交通事故】ターレス(サッカー/元アルビレックス新潟)が死去 動画や画像まとめ

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

ブラジル出身で、2018年までアルビレックス新潟でプレーしていたサッカーのターレス選手が死去しました。

スポニチアネックスなどによると、以下のように報じています。

昨季J2新潟でFWとしてプレーしたターレスさん(ターレス・リマ・デ・コンセイソン・ペーニャさん)が母国ブラジルで交通事故のため死去したことが22日、分かった。24歳だった。所属元のヴァスコ・ダ・ガマが発表した。

クラブは、ターレスさんがリオデジャネイロ市内で発生した事故で犠牲になったことを発表。クラブ公式ツイッターで「事故のニュースにショックを受け、ストライカー・ターレスの死を深く後悔している」とコメントした。

日本時間の午後20時頃に、ターレス選手が交通事故に巻き込まれたとTwitterで話題になりました。

サッカーファンは重体との報道に、ターレス選手の容態を心配していましたが、搬送先の病院で亡くなったとのことです。


死因:交通事故 ターレス(サッカー/元アルビレックス新潟)が死去

今回、突然の訃報が報じられたのは、ブラジル出身で、2018年にJ2アルビレックス新潟でプレーをしたターレス選手です。(本名:ターレス・リマ・デ・コンセイソン・ペーニャ)

報道によれば、ターレス選手はリオデジャネイロ近郊で起きた交通事故に巻き込まれたとのこと。

犠牲者は多数出ていると報じられており、そのうちの1人がターレス選手だったとのことです。

すでに病院に運ばれたときには意識不明の重体だったようで、24歳という若さで旅立ってしまいました。

プレー動画や画像まとめ

ターレス選手は、海外選手特有の身体能力と抜群のゴールセンスを武器に、豪快なシュートを持ち味にしていました。

ブラジルのクラブチーム『ヴァスコ・ダ・ガマ』の下部組織出身であり、2018年からアルビレックス新潟に期限付き移籍をしていました。

新潟のファンも彼の加入に大きな期待を寄せていましたが、環境に適応することができなかったのか、わずか4ゴールにとどまりました。

Jリーグのシーズン終了後は、新潟を対談し、ヴァスコ・ダ・ガマへ。

わずか1年足らずではありましたが、日本でプレーしたターレス選手。

今回の訃報は日本のサッカーファンの間でも大きな衝撃になっています。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。