【死因:病気(膵臓がん)】井筒親方(元逆鉾)が死去 娘=天咲千華でハーフ?

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

元関脇:逆鉾の井筒親方が亡くなったことが報じられました。

1982年11月場所で入幕し、1991年に引退するまで歴史に残る実力者たちが顔を揃えた時代に、関脇まで上り詰めた実力者です。

今回は、突然の訃報が報じられた井筒親方について取り上げます。


死因:病気(膵臓がん) 井筒親方(元逆鉾)が死去

今回の訃報について、日刊スポーツは以下のように報じています。

大相撲の元関脇逆鉾の井筒親方(本名福薗好昭=ふくぞの・よしあき)が16日、都内の病院で死去した。58歳だった。鹿児島県出身。

関係者によると、死因は膵臓(すいぞう)がんとみられる。弟の元関脇寺尾(現在の錣山親方)、兄の元十両鶴嶺山とともに「井筒3兄弟」と呼ばれ、もろ差しの名人として知られた。引退後は、師匠として横綱鶴竜らを育てた。通夜、告別式などの日程は未定。

出典:日刊スポーツ

報道にある通り、井筒親方の直接的な死因は膵臓がんだとみられています。

がんの闘病については、2019年9月場所開幕前に体調を崩し、その後入院してから闘病生活を送っていたことは明らかになっています。

ただ、がん自体がいつ見つかったのか?という点については今のところ公表されておらず、不明です。

ハーフの噂と娘=天咲千華

元逆鉾の井筒親方は1961年6月18日生まれの東京墨田区出身の力士。

本名は福薗好昭です。

娘さんは宝塚歌劇団の花組で娘役をつとめた天咲千華(あまさきちはな)さんです。

近年は表立った活動はされていないようですが、同期には蘭乃はなさんや、真風涼帆さんがいらっしゃいます。

端正な顔だちと、日本人離れした顔つきから、現役当時より『ハーフ??』という噂がありましたが、これはあくまでも噂に過ぎないでしょう。

両親がどのような方で、国籍がどこなのか?という詳しいことは公表されていませんが、少なくとも日本生まれ日本育ちであることは確かです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

相撲取りは、体に異常な負担をかけ続けてるから短命だ、って言うけど本当だね。

ご冥福をお祈りします。

上位に強い力士でね、関脇も長いこと務めた。井筒三兄弟の中では、一番の実力だった。大関も近いと思ったがねえ。琴錦、安芸乃島、若の里、最近では御嶽海みたいな感じかな。鹿児島出身はこのころは多くてね、弟の寺尾、陣岳、薩州洋、霧島、みんな井筒部屋だったな。伝統の井筒部屋を継承してほしい。まだ若いのに残念。

驚きました。そんなにお悪かったとは…
鶴竜も気が気ではなかったんでしょうね。
膵臓というと、千代の富士と同じでしょうか。

逆鉾のもろ差しは忘れられません。もろ差しになってからの寄りがうまかった。
いつも憮然とした感じで、笑顔を見た記憶がありません。
それだけ相撲に厳しい人だったんでしょう。

強い力士が多い時代で、大関にはなれませんでしたが、実力は十二分にありました。
あの頃の相撲は面白かったなぁ。

お疲れ様でした。ありがとうございました。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。