【死因は病気?】堀文子(日本画家)が死去 旦那や子供は何してる?

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

日本画かとして活躍し、多摩美術大学の教授も務めていた堀文子さんが死去しました。毎日新聞などによると、以下のように報じています。

伝統に縛られない日本画を目指して戦前から活躍し、晩年まで旺盛な創作活動を繰り広げた日本画家の堀文子(ほり・ふみこ)さんが5日、心不全のため亡くなった。100歳。葬儀は近親者で営んだ。お別れの会を開く予定。

東京都生まれ。女子美術専門学校(現・女子美術大)で日本画を学んだ。戦前は伝統的な画塾と一線を画した日本画家の集団、新美術人協会に参加。1948年、創造美術(現・創画会)の第1回展に出品。52年、上村松園賞を受賞した。

花や鳥を自ら育てる中で得た感動を、斬新な色彩や独特のフォルムで表現した。世界を旅して、クラゲや古代遺跡など、常に新しいテーマに挑戦。70年代初めまでは絵本作家としても人気を博し、多摩美術大では後進の指導にあたった。

美術ファンのなかには彼女の作品に大きな影響を受けたという人も多く、ネット上でも悲しみの声が多く聞かれます。


死因は病気?堀文子(日本画家)が死去

冒頭に報じた通り、日本画家の堀文子さんが亡くなりました。100歳でした。死因は心不全とのことです。

100歳ということで大変長生きされましたが、心不全による突然の訃報にショックを受けたとの声も多く聞かれます。

ただ、時事通信などによると神川県平塚市の病院で死去したとのことで、以前から入院生活を送っていた可能性もあります。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

雑誌サライの檀ふみさん連載で作品と人となりに親しんできました。お悔やみ申し上げます。

NHKで初めて知って
画面から絵に引き込まれて
その時開催されていた
高島屋の絵画展に
即行きました。
素晴らしい作品を
ありがとうございました。

堀文子先生がお亡くなりになったと…100歳で大往生とは言え、寂しい。安らかに旅立って行かれたんだろうか。

旦那や子供は何してる?

堀文子さんは29歳のときに外交官の箕輪三郎氏と結婚しました。

ただ、堀さんが43歳のときに夫はなくなり、それ以降は再婚もせずに美術の道を探求してきました。

ネット上では子供の有無について話題に上ることもあるようですが、2人の間にお子さんはいなかったようです。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。