LINE@アカ削除の犯人=高校生は誰で名前(実名)を特定?広告収入の仕組みを解説

事件

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

LINE@を用いて年間1千万円以上の収入を得ていた友人のアカウントを削除したとして、通信制高校に通う男子高校生3人が逮捕されました。

この高校生はアカウントを削除された少年と同じく広告収入を得ていたということで、世間的に大きな話題となっています。

年間1千万円近い高額な収入の仕組みとともに、この犯人の実名報道を求める声まで上がっています。

今回は、この一連の事件で逮捕された高校生とその収入の仕組みについて解説します。


LINE@アカ削除の犯人=高校生は誰で名前(実名)を特定?

今回の件について、朝日新聞などでは以下のように報じています。

SNSで年間約1千万円の広告収入を得ていた少年のアカウントを削除したとして、警視庁は、通信制高校の男子生徒(18)=東京都文京区=ら少年3人を電子計算機損壊等業務妨害の疑いで逮捕し、25日発表した。

生徒らは少年と同じ方法で収入を得ていたといい、「自分たちの収入を増やそうとアカウントを譲るよう求めたが断られたので、消去するしかないと思った」と供述しているという。

少年事件課などによると、生徒らは2月22日、東京都内を移動中の車内で、北海道北斗市の通信制高校生(18)が管理する情報発信用のSNS「LINE@」のアカウント四つを削除した疑いがある。高校生は、中高生向けのサイトの情報を約3年前から配信。サイト上の広告がクリックされると収入が得られる仕組みで、計約200万人が登録していたという。

生徒らは2月上旬、生徒がSNSを通じ「アカウントを5千万円で買いたい人がいる」とうそを言って高校生を東京駅に呼び出し、車内に閉じ込めたうえ、アカウントのパスワードを無理やり聞き出したなどとして、監禁と強要の疑いで今月3日に逮捕されていた。

出典:朝日新聞デジタル

報道にある通り、逮捕された高校生3名は、少年のアカウントを譲り受けるために、車内に監禁して脅迫や強要を行った疑いが持たれています。

世論からは、高校生が起こした事件としてはかなり悪質であるという声が大多数を占めており、少年と言えども実名報道をすべきだという声も多く上がっています。

現在のところ、この逮捕された少年についてわかっていることをまとめると以下の通り。

・東京都文京区在住
・通信制高校で18歳

この程度しかわかっていませんが、被害者である北海道北斗市在住の高校生とは友人関係であったと思われます。

少年法などもあり、実名報道は難しいと思われますが、ネット掲示板などでリークがあった場合にはこちらにも随時追記させていただきます。

広告収入の仕組みを解説

今回の事件をうけ、ネットでは『年間1千万円も利益が出るLINE@ってなに?』『どんな仕組みで稼いでいたの?』といった声が多く上がりました。

実は、LINE@を使って稼ぐ方法というのは、一部ではかなり有名であり、LINE@を使って稼ぐ方法を教える塾が存在するほどです。

その仕組というのは至ってシンプル。


LINE@の登録者を増やす
→その登録者にスタンプの無料プレゼントを持ちかける
→プレゼントをあげる代わりに、無料のアプリ登録をお願いする
→アフィリエイト報酬を得る

という仕組みです。

アフィリエイトというのは、自分専用のリンクを発行してもらい、そこから登録や商品の購入などをしてもらうことで、自分に紹介報酬が入ってくるというビジネスモデルです。

アフィリエイト自体はまっとうなビジネスモデルですが、このような事件に発展することで業界全体のイメージが悪くなるのは悲しいことですね。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

それにしても、高校生で1千万円の収入とは素晴らしいですね。
削除されたアカウントが復活出来れば良いですね。

被害にあった子は才能あるなあ。
怖い思いをしただろうけど、めげずに頑張って欲しい。

少年グループの罪状に強盗傷害も加えて欲しい。

アカウント自体が無形であっても、資産(価値)を奪う目的が
あったのだから、是非適用して欲しい。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。