【逮捕か?】夕刊フジが報じる俳優Xとは誰?薬物疑惑は本当か

エンタメ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

大物俳優やタレントのスキャンダルは度々報じられますが、ここにきて夕刊フジが大物俳優X薬物疑惑について言及し注目を集めています。2018年9月6日付けの夕刊フジによれば以下のように報じています。

忘れた頃に世間に衝撃を与える著名人、芸能人の薬物による逮捕劇。その背景には、警視庁や厚生労働省の麻薬取締部による水面下での地道な捜査活動があるわけだが、ここに来て、ある人気俳優の動向が注目されているという。

は若い頃から大麻を礼賛する発言を口にしたり、奇行も話題になりました。実際に違法薬物の常習的な使用の疑いがあり、警視庁さんだけでなく、ウチも水面下でマークは続けていましたが本腰を入れているという格好です

厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部(マトリ)の現役の麻薬取締官は明かす。

取締官の口から明かされたXは、俳優としてこれまで数多くの映画やドラマで活躍し、アーティストとしての顔も持つ実力派の人気男性タレントだ。華やかなキャリアの一方で、確かにそうした“疑惑”も取り沙汰されてきた。

だが著名人、芸能人の薬物事犯の逮捕については、犯罪行為の取り締まりはもちろん、世間に対する啓蒙的な意味合いや犯罪抑止、いわゆる“一罰百戒”的な側面もあるとされている。

全盛期に比べて露出が減っているXの存在が注目されているというのも今さらという感じだが、前出の取締官は語る。

まず大前提としてXにはいまだに薬物使用の疑いが強いという現実があります。特に最近は活動状況も変わって周囲に違法行為を戒める者もいないのか、かなり行動も大胆になっている。加えて、逮捕されることになれば、知名度という点で世間に対して大きなインパクトを与えることになるでしょう。2020年の東京五輪に向けて、国内のさらなる治安強化は優先課題ですからね」

報道にもある通り、俳優Xはかなり有名な方のようです。映画やドラマで活躍しているということからも、我々の良く知る人物でしょう。

今回は夕刊フジが報じた俳優Xとはいったい誰なのかを検証していきます。

スポンサーリンク


逮捕か?夕刊フジが報じる俳優Xとは誰?

冒頭で紹介した夕刊フジの記事の中で証言をしている麻薬取締官は雑誌の取材に以下のように応えています。

かねて過激な発言や大胆な行動が目立ちますが、意外と警戒心の強い繊細な面もあって。これまでも自分に捜査の手が及んでいると勘づいて、ギリギリのところで海外に逃げるという行動パターンも見られます。そのあたりは厄介なのですが…」

この報道から読み取れる俳優Xの特徴をまとめてみると以下のようになります。

  • 過激な発言や大胆な行動
  • アーティストとしての顔も持つ
  • 数多くの映画やドラマで活躍
  • 過去に薬物疑惑あり

これらの内容から判断してみて、すべての条件を満たす俳優といえば、真っ先に思い浮かぶのが窪塚洋介さん。

彼はメディアへの過激な発言もさんざん取りざたされましたし、舞台挨拶などでの大胆な行動も一時期は頻繁にありました。

また、彼はレゲエアーティストとしても知られています。卍LINEの名前で活動しており、時にはヒップホップ歌手としてもステージに上がることがあります。

下の2つに関してもすでに多くの方がご存知の通り。IWGPやGOなどを始め、さまざまな代表作があります。

そして、何よりも疑惑を強めたのは2004年に起きた転落事故です。

2004年の転落事故は薬物が原因か?

スポンサーリンク

育児休暇中であった2004年6月6日に横須賀市にある自宅マンションの9階から転落するという事故がありました。この事故に関する詳細は以下です。

育児休業中の、2004年6月6日の午後12時10分頃、神奈川県横須賀市の自宅マンション9階(高さ約26m)から転落した。その際、建物から約9m離れたフェンスに衝突したが地面が芝生だったため、頭蓋骨の開放性骨折など深刻な傷を負ったものの命に別状はなかった。

この事件の真相については諸説あるが、本人はその時の記憶が全くないと話している。自殺説については、「これまで生きてきた中で、自分は死にたいと思ったことはない」と否定している。

(※wikipediaより引用)

ここにもあるように、運よく命に別状はなかったものの、本来であれば9階から転落すれば助かる見込みはほとんどありません。

まさに休止に一生を得た状況だったのですが、これを機に彼には薬物疑惑が本格的に浮上することになります。

それ以前から窪塚洋介さんは奇抜なキャラクターからアングラなイメージはありましたが、捜査機関が本格的に目をつけだしたのもこの頃からだといわれています。

そして、夕刊フジの報道にもあるように過去にも捜査の手が及びそうになると海外への逃亡を図ったことがあるという趣旨の発言をしています。

窪塚洋介さんはつい最近2018年7月にも海外で俳優の仕事が決まったという理由で、突如海外行き。

このニュースを大きく報じたライブドアニュースでは、芸能関係者の話として以下のようなコメントを載せています。

「04年の転落事故以降、窪塚さんはより自分らしく活動できるようにシフトチェンジしました。テレビ業界とも距離を置いており、大手メーカーからのCMオファーも断ったそうです」

これをどう捉えるかは人それぞれですが、世論の大半の声としては『疑惑を持たれるリスクを最小限に抑えるためにテレビ業界と距離を置いている』という見方が強いようです。

いずれにしても、近いうちに真相はわかることでしょう。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。