愛子さまの彼氏=東出昌大似Aくん(女性自身)は誰で名前や顔写真は?高校はどこ?

恋愛

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

現在、17歳(2019年9月現在)になられる愛子さま。

そんな愛子さまの恋愛事情を女性自身が報じ、ネットなどでは大きな話題となっています。

今回は、女性自身が報じた愛子さまの彼氏と噂される人物を中心に、詳しく見ていきましょう。


女性自身が愛子さまの青春を報じる

今回の件について、女性自身は以下のように報じています。

ご静養のために8月19~28日の間、栃木県の那須御用邸に滞在された天皇ご一家。8月26日には「那須どうぶつ王国」に足を運ばれた。

5人のご友人のうち4人は普通の背丈の女子。しかし、グループのなかにひときわ目立つ長身の男子が1人いた。がっしりとした体格で身長は185cm近くありそうだ。この時期には毎年のように那須を訪れるという雅子さまファンの女性はこう語る。

「愛子さまが小学生でいらした10年ほど前から、那須で合流される“ご学友”はずっと同じメンバーです。そのなかに愛子さまのお気に入りの男の子がいて、『ドラえもん』の“のび太”に似た優しい顔立ちが印象的でした。今年来ていたのも、その彼です。今ではすっかり背も高くなって、俳優の東出昌大に似た感じのイケメンになりましたね」

実は本誌も’10年と’11年に、愛子さまとAくんの仲むつまじい姿をキャッチしていた。当時を知る本誌皇室担当記者が振り返る。

「愛子さまは小学3年生だった’10年の夏、陛下や雅子さまと那須の茶臼岳を登山されているのですが、Aくんと彼のお母さんやお姉さんも同行していたのです。Aくんは愛子さまのすぐ後ろについて、愛子さまがよろけるとすぐに支えてあげていました。無事に登頂されて、みなさんご一緒に下山されたのですが、登山口から駐車場に向かう道では愛子さまがしっかりとAくんの手を握られていたのです」

出典:女性自身

報道にある通り、ご静養で訪れた那須御用邸で、天皇ご一家とともに一緒にいた長身の男性の姿をキャッチしたとのこと。

女性自身は、2010年、2011年にもこの男性の姿をキャッチしているということで、天皇ご一家に詳しい人物の話によれば、この男性と愛子さまはかなり親しい仲であるといいます。

一時期は愛子さまの不登校問題などが取り沙汰され、心配をする声も多くありましたが、愛子さまもついに恋愛報道をスクープされるようになったということで、嬉しく思っているという世論の声もあります。

愛子さまの彼氏=東出昌大似Aくんは誰で名前や顔写真は?

ネットでの関心事は、女性自身で報じられたAくんという人物。

愛子さまとAくんは小学生からの仲であり、毎年のように一緒にいるところをキャッチされているということを考えると、天皇ご一家ご公認の仲なのでしょう。

そんなAくんについては、名前や顔写真などは公開されていません。

掲載されているのは、上記掲載のモザイク入りの写真のみです。

こちらは2011年に撮影されたとされる写真で、近年の写真と見比べると一気に身長が伸びたことがわかります。

報道によれば、東出昌大さんに似ているということですが、いったいどのような人物なのでしょうか?

今後最新の情報が分かり次第、追記させていただきます。

Aくんが通う名門私立高校はどこ?

Aくんは都内の名門私立高校に通っていると報じられました。

偏差値は直近のデータで74とのことで、相当な進学校であることがわかります。

この学校とは一体どこなのでしょうか?

ネット掲載の偏差値ランキング表などを参考に、都内にある偏差値74周辺の私立高校を探してみると以下のようなところが該当します。

・早稲田大学高等学院
・早稲田実業学校
・開成高等学校

都内名門私立ということで、このいずれかに該当している可能性はなかなか高いのではないでしょうか。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

いいお友達がおられるようで、とても微笑ましいですね。
そっと見守ってあげてほしい。こういうお相手こそ、周りは見守る姿勢が大事ですね。

この様に本当に信頼出来る異性が、幼少期から愛子様の近くにいらっしゃるなんて、とても素敵な事ですね。
 ず〜と続きますように。

愛子さまには相変わらずメディアの盗撮があるが、悠仁さまにはないのはなぜだろう。
ついでに、異性の幼馴染みがいて仲良くしてて何か問題が?
幼い頃から気心しれる友達が男女問わずいることは財産だよ。

ご両親に性格が似ているなら、人を見る目は絶対にあるはずで心配はないと思います。
まして、雅子様からも公認なら将来のお婿さん候補かな?
これから愛子さんの幸せそうな顔が沢山見られることを心から願ってます。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。