豊後大野市民病院で盗撮→懲戒の犯人の名前を特定?院長が謝罪

事件

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

大分県にある豊後大野市民病院で盗撮事件が起きました。

女性からの被害告発によって問題が発覚し、ネットでも報じられ大きな問題となっています。

世論からは問題発覚から公表までが遅いという声や、責任者や犯人の実名公表などを求める声があがっています。

今回は、豊後大野市民病院で起きた一連の盗撮事件について詳しく見ていきます。


豊後大野市民病院で盗撮事件=院長が謝罪

豊後大野市民病院で起きた盗撮事件について、毎日新聞などは以下のように報じています。

大分県の豊後大野市民病院(同市緒方町、木下忠彦院長)は2日、同僚の女性職員をスマートフォンで盗撮したとして、医療技術部門の男性職員(34)を3カ月の停職処分としたと発表した。また、上司の技師長(58)と事務長兼医事・経営課長(55)を厳重注意処分とした。いずれも処分は同日付。

病院によると、男性職員は7月18日午後4時50分ごろ、職場の休憩室兼更衣室に、録画スイッチを押したスマホを設置した。女性職員がすぐにスマホに気づき、男性職員が盗撮したとは知らずに相談。不安になった男性職員が同僚に諭されて同20日に事務長に報告した。

事務長の聴取に男性職員は、スマホを発見した女性職員に好意を持っていたなどと説明。女性職員の着替えを盗撮する目的でスマホを置いたことを認めたという。

出典:毎日新聞

今回盗撮事件が発覚したのは、大分県豊後大野市にある豊後大野市民病院。

事件の概要は、同病院に勤める34歳の男性職員が男女兼用の更衣室にスマートフォンを設置し、録画を行ったとするもの。

地元、大分テレビの報道によれば、盗撮によって25分間の動画は撮影されていたものの、そのなかに着替えの様子は記録されていなかったということも報じられています。

病院側の取り調べに対して男性職員は盗撮を行っていたことを認めたものの、この男性にくだされた処分は『停職処分』。

法的な罪には一切問われていません。

ネットでは、この点について疑問に感じる声が多くあがっています。

盗撮→懲戒の犯人の名前を特定?

報道にもある通り、盗撮行為を行った疑いが持たれているのは豊後大野市民病院で働く医療技術部門の男性職員とのことです。

年齢は34歳と公表されていますが、それ以上の詳しい情報は今のところ公表されていません。

ネットなどでは実名報道を求める声が広がっていますが、今回男性職員に下った処分はあくまでも『停職処分』であり、逮捕や書類送検、起訴をされたわけではありません。

つまり、法的な罪に問われたわけではないため、マスコミとしても実名報道や顔写真の報道を行うのは難しいのだと思われます。

今後、病院関係者や公式メディアなどから新しい情報が公開された場合には、こちらにも追記させていただきます。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

盗撮目的でスマホ設置を認めてるのに罪に問われないってどういうこと?

停職処分って甘すぎないですか?
法的な責任を追求する必要があるとおもいます

地元で家の近くの病院なのでびっくり。。。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。