追跡バスターズ6000万円詐欺の大衆演劇流し目元座長は誰?名前=竜小太郎と特定?顔画像や現在について調査!

事件

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

2019年6月5日放送の追跡バスターズで、大衆演劇の元座長が6000万円をだまし取ったとして話題になっています。

ネットでは、この人物は誰?と話題になっており、はやくも特定が進んでいるようです。

同じタイミングで放送された元芸人の借金踏み倒しも話題になっていますが、6000万円もの金額をだまし取った元座長って一体誰なんでしょうか?


追跡バスターズ6000万円詐欺の大衆演劇元座長は誰?名前=竜小太郎と特定?

ネットではこの座長の名前などの特定運動がさかんに行われています。

一部メディアによれば、この元座長の名前を『竜小太郎』などとしているサイトもありますが、その根拠を探ってみました。

当メディアがテレビの放送内容で判明していることに照らして、竜小太郎さんだと結論づけられるかどうか?を調べてみたところ、追跡バスターズで放送された人物が彼であると確定できる根拠はありませんでした。

こちらの方のつぶやきにある通り、100%確実な証拠があるわけではないのに、人の名前を不用意に出してしまうのはダメでしょう。

竜小太郎さんだと言われた理由は?流し目座長の顔画像や現在

そもそも、なぜ竜小太郎さんの名前が出てきたのでしょうか?

その理由として、特定した人やメディア、掲示板などが書いているのは自称『流し目スナイパー』とプロフィールに書いてあるからというもの。

ただ、流し目というのは演劇をしている人であれば誰でも使う言葉であって、流し目スナイパーと言われているから、流し目座長=竜小太郎さんだというのはちょっと違うでしょう。

流し目といっているからという理由だけなのであれば、あの有名な早乙女太一さんも流し目王子といわれていますよね。

年齢や大衆演劇であることを考えると、彼でないことは確かなわけですが、こう考えると流し目という言葉だけで小太郎さんと特定してしまうのはおかしいというわけです。

本当ななんの罪もないのに、疑われてしまった人は相当な精神的苦痛を追うことになりますので、このあたりの発言は本当に気をつけたほうがいいですね。

では、テレビで放送された大衆演劇の流し目座長とは一体誰なのでしょうか?

残念ながら、今のところ100%確定できる根拠はないため、追加で新たな情報が出次第、追記させていただきます。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。