密漁ワンコイン海鮮丼(長崎駅前)の店はどこで名前を特定?逮捕の暴力団犯人の名前や顔画像は?

コラム

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

長崎でワンコイン海鮮丼として有名だった店で提供されていたネタが、実は密漁されたものであったことがわかり、話題になっています。

山口組系の組長の男性が逮捕されており、この人物が密漁を行っていたとのこと。

ワンコイン海鮮丼を提供するお店は、この逮捕された男性の親族が経営していた店だと言います。

今回は、長崎で起きた人気海鮮丼の裏側と、逮捕された犯人について取り上げます。


密漁ワンコイン海鮮丼(長崎駅前)の店はどこで名前を特定?

今回の件について、読売オンラインなどによると以下のように報じています。

高級魚を密漁したとして、長崎県警が指定暴力団山口組系組長の男(51)(長崎市)や組員ら6人を漁業法違反などの疑いで逮捕し、長崎区検は26日、組長らを同法違反などで長崎簡裁に略式起訴した。密漁した魚は組長の親族が実質的に経営する飲食店でワンコインの海鮮丼などとして提供。年間約3000万円を売り上げていたという。

 県警の発表によると、6人は共謀し、7月に長崎市野母町の海で、長崎県知事の許可を得ずにボンベなどを使って潜水漁をした疑いがあるとして逮捕された。組長ら少なくとも3人が略式起訴され、親族と店の従業員は26日付で不起訴となった。

 県警幹部によると、組長らは数年前からオオモンハタやスジアラなどの密漁を繰り返していたとみられ、海鮮丼を売りにするJR長崎駅前の飲食店で提供。500円の海鮮丼もあり、周辺の相場の半額ほどの安さで、観光客や地元のサラリーマンらに人気だった。

出典:読売オンライン

今回の報道で、店名が記載されていないことからネットでは『どこのお店??』という声が多くあがっています。

既に報じられている店の特徴をまとめてみると、以下のようになります。


・JR長崎駅前に立地
・500円海鮮丼がうり

ただ、長崎県民であれば分かると思いますが、JR長崎駅周辺にはワンコイン海鮮丼やそれ以下の価格での海鮮丼をランチの目玉にしている店は多数あります。

ざっと調べるだけでも、ワンコイン海鮮丼を売りにしているお店は長崎駅周辺に3店舗ありました。

もうひとつ手がかりになる情報としては、読売オンラインなどで公開された看板の写真。

問題のあったお店は、このような看板を掲げていたとされています。

また、後述する容疑者逮捕時のニュース映像では、問題のあったお店への家宅捜索の様子が映し出されています。

ある程度長崎駅周辺のお店について知っている人であれば、その映像から店名を判断することは難しくないでしょう。

今回の件の場合、店側は不起訴になっていることから、ここでの具体的な店名の言及は避けたいと思います。

逮捕の犯人の名前や顔画像は?

実はこのニュース、8月の段階で全国紙にて大きく報じられていました。

当時の産経新聞の報道が以下です。


長崎県警と漁業取締室は23日、長崎市内の居酒屋店に密漁で得た魚介類を卸したとして、指定暴力団六代目山口組系伊豆組傘下石湊会会長の坂上明弘容疑者(通称:川崎明弘)と妻で居酒屋従業員の亜紀容疑者など5人を逮捕した。

報道にある通り、逮捕されたのは石湊会会長の坂上明弘容疑者とのことです。

顔写真などについては公表されていませんが、それなりに有名な団体の組長であることから、過去に顔写真が公開されている可能性もあります。

【注意】不起訴処分に対する名誉毀損問題

今回報じられている長崎駅前の店舗については、どうやら現在も営業しているようです。

当サイトでは具体的な店舗名について言及していませんが、一部ブログで店名を公開しているものがあります。

不起訴処分になった容疑者や被告に対して、その後もインターネット上で名誉を傷つける行為をした場合には、名誉毀損に当たる恐れがあります。

これはブログで書いた人だけではなく、TwitterなどSNSで共有をした人についても当てはまります。

そのため、店名が公表されているページの共有やSNSでの流布に関しては細心の注意を払わなければなりません。

このページをご覧の方は、ぜひ注意していただき、不起訴になった店舗を不用意に叩くことのないようにしてください。

複雑な心境を吐露する意見も

ネット上では、この店舗と密漁をした暴力団組長に対して、批判の声があがっている一方、複雑な心境もちらほら聞かれます。

消費者としては、ワンコインのような『安くて美味しい海鮮丼』を食べたい!という気持ちが大きいのは確か。

しかし、実際に密漁でもなければ、美味しくて新鮮な魚をワンコインで食べることなんてできないよなぁ・・・

という消費者の本音が聞かれます。

密漁が犯罪であることに変わりはなく、正式なルートで仕入れを行っているお店のことも考えると擁護する必要は全くありませんが、あえて相場の半額で提供していたことを考えると、良心的な店だったんだなぁという声も一部聞かれます。

ただ、コメントの中には『食べに行ったことあるし、とても美味しかったけど、それが暴力団の資金源になっていたと思うとなんか。。。』と、複雑な心境をほのめかすコメントも多く見られました。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

密漁でさえなければとても良い話だったのに。
安くてうまい海鮮丼良いなぁ、密漁でさえ無ければ…。
でも密漁でも無ければワンコインなんて無理なんだろうなぁ。

会社の近くにも同じ様な店があった
明らかに採算取れそうにない、質高く美味い海鮮丼ワンコイン
看板はノボリだけ、店内は簡素も簡素、メニューは写真ラミネート壁貼りのみ
いつもサラリーマンで人気一杯だったのに半年くらいで無くなった
フットワークの軽いゲリラ的飯屋だった

安いものにはそれなりの理由があると教わってきましたが、中々エグいそれなりの理由ですね。
暴力団の資金源になっていたと思うと、味に関係なく嫌な気分になります。

暴力団の凌ぎの厳しさがわかる事件ですね。
出来れば密漁でなく、竹島周辺で漁をして
海域の主張をしてくれればまさに任侠集団としてよろこばれるのにね。

時代が変わりましたね。
密漁まではわかるけど海鮮丼で売っていたとは。
しかもあえて相場の半額で。
良心的なのかもしれないがやはり犯罪だもんな。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。