チョウキジェ(曺貴裁)監督がパワハラで退任?浦和(現役時代)の画像や家族について

スポーツ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

湘南ベルマーレの監督であるチョウキジェ(曺貴裁)氏に、パワハラ疑惑が浮上しているとの報道が一部メディアでありました。

この報道で、即日親会社のライザップがコメントを発表するなど、大きな話題に発展しています。

ネットでもTwitterを中心にさまざまな意見があがっており、今後ますます議論を呼びそうです。

ということで、今回はパワハラ疑惑が報じられたチョウキジェ(曺貴裁)監督について取り上げます。


チョウキジェ(曺貴裁)監督がパワハラで退任?

今回の件について、真っ先にこの疑惑を報じたのがスポーツ報知です。

サッカーJ1湘南の曹貴裁(チョウ・キジェ)監督(50)が、所属選手やスタッフに暴言などのパワーハラスメント(パワハラ)を行っていた疑いがあることが11日、分かった。Jリーグは被害者や目撃者、関係者らから報告を受けており、今月中にもクラブや本人から事情を聞く方針を固めたもようだ。

Jリーグは曹監督からのパワハラ行為を訴える複数の当事者、目撃者の声を受け、事実関係の調査を始める。今月中にも同監督やクラブ側へのヒアリング調査を行うとみられる。

複数の関係者によると、曹監督は少なくとも2018年2月~今年7月までの間、神奈川・平塚市内のクラブハウスや試合会場などで選手やチームスタッフらに、高圧的な態度や暴言を繰り返した疑いがある。

同監督は、複数人の前でチーム関係者の能力を疑問視したように「どれだけ無能なんだ」「お前はウソつきだ」などと人格を否定するような発言を行った。また机をたたいたり、扇風機を蹴りながら選手に罵声を浴びせる行為が日常的にあった、とされる。

出典:スポーツ報知

報道によると、チーム関係者に対する暴言や、一部人格否定とも取れるような発言をしたといいます。

ただし、ライザップグループが同日夕方に公表した公式コメントなどによると、事実とは異なるとのこと。

RIZAPからの出向スタッフが精神的に追い込まれてチームを離れたという一部報道については「事実とは異なる内容」と説明。6月まで湘南に出向していたスタッフが帰任したことは事実だが、常時行っている支援体制の見直しに基づいたものであり、同スタッフは曺貴裁監督への感謝の言葉とともに「パワーハラスメントの事実はありません」と話しているとのことだ。

出典:フットボールチャンネル

調査が進んでいない現段階では、真実がどのようなものであるのか?は不明です。

ただ、ネットでは『監督がパワハラをしたと決めつけた報道をした新聞社などは制裁を加えられるべき!』という批判的なコメントも多くなっています。

ライザップグループは調査をするということで、現段階でチョウキジェ監督解任の事実はないようです。今後の発表を待ちましょう。

浦和(現役時代)の画像や家族について

チョウキジェ監督は、1991年から日本のJリーグでプレー。

『柏レイソル→浦和レッズ→ヴィッセル神戸』とクラブチームを渡り歩きました。

1997年の現役引退以降、ドイツのケルン体育大学でサッカーの指導技術を学び、2012年から湘南ベルマーレの監督に就任しています。

家族や結婚など、プライベートな情報についてはほとんど公表されておらず、詳細は不明です。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

チョウキジェ監督は、神戸時代の川勝監督パターンかな。

チョウキジェ監督解任とか
今後大丈夫なのか?
中身を詳しく知らないから何とも言えないけどこういうの全て弾圧したら強くならないだろ…

パワハラはあかんけど、
パワハラなんかに勝てるレベルやないとピッチではなかなか厳しい現実もあるのはある。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。