西川雄一朗の経歴と出身中学高校!彼女と進路はどこで九州学院+須磨学園の同姓同名?

スポーツ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

2020年箱根駅伝の優勝最有力候補と言えば、前回大会優勝の東海大学ですよね。

今大会でも主力選手を含め、新戦力が数多く揃っています。

今回はそんな強豪=東海大学の陸上部メンバーで箱根駅伝にも出場する西川雄一朗選手について取り上げます。


西川雄一朗の経歴とプロフィール

西川雄一朗選手は、1997年10月10日生まれの東海大学陸上競技部の選手。

出身は兵庫県加古郡稲美町で、身長183センチと大柄な選手です。

大学が公表している参考となる記録は以下の通り。

5000m公認:13分56秒01
ハーフマラソン公認:1時間02分42秒

2020年の箱根駅伝では、3区としてエントリーしており、どのような走りを見せてくれるのかに注目が集まっています。

出身中学と高校はどこ?

西川雄一朗選手は2020年1月現在、東海大学体育学部の4年生です。

それ以前の学歴は以下の通り。


・稲美町立稲美北中学校
・須磨学園高等学校

須磨学園高等学校は、兵庫県須磨区にある私立高校です。

関西の進学校としても有名な学校であり、2020年現在で偏差値は63~72の間で推移しています。


須磨学園は進学校によくあるクラス分けが行われており、希望する進学先に合わせてレベル分けがされています。

この学校はレベル分けが細かいことでも知られていて、T類やU類、V類などに加えて、医学部進学を目指すクラスなども用意されています。

多様なクラス分けが、偏差値に幅がある理由のひとつです。

ちなみに、須磨学園は女子の陸上部が有名で、全国高等学校駅伝競走大会で過去2度の優勝経験があります。

九州学院と須磨学園の同姓同名?

実は東海大学には2020年現在4年生の西川雄一朗選手の他に、もうひとり同姓同名の方がいました。

現在は佐川急便の陸上部のマネージャーを務めていますが、2学年しか離れていないので、同じタイミングで大学に在籍していたことがあります。

さらに、2人は同じく陸上部に所属していたことから、当時は『東海大学陸上部に西川雄一朗が2人いる!』と話題になりました。

ちなみに、現在佐川急便のもうひとりの西川雄一朗さんは、元々東海大学陸上部で主務として活動していました。

現在在籍している西川選手は須磨学園の出身で、卒業生である西川さんは九州学院の出身です。

西川雄一朗の彼女や進路について

名門・東海大学の陸上部の主力メンバーということだけあって、今後の進路についても注目が集まっています。

2020年1月現在はまだ詳しいことはわかっていませんが、過去の東海大学陸上部の主力メンバーの進路を見てみると、実業団に所属して陸上を続けていく可能性が高いと思われます。

また、彼女などについてもネットで話題になっていますが、こちらに関する情報は今のところありません。

噂になっている女性もいない状況です。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。