【動画】三ツ井勉(競輪)の経歴や引退時期はいつ?結婚して子供はいる?

スポーツ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

競輪の三ツ井勉選手が、最年長勝利記録を塗り替えたことで話題になっています。

三ツ井選手が記録を塗り替えたのは、11月23日に行われた取手競輪2日目の1R

なんと64歳と1ヶ月13日での勝利となり、競輪ファンのみならずスポーツファン全体から大きな賛辞が送られています。

今回はまだまだ活躍が期待できそうな三ツ井勉選手について取り上げます。


三ツ井勉(競輪)が偉業を達成!

出典:平塚競輪

今回の件について、デイリーなどは以下のように報じています。

三ツ井勉(64)=神奈川・45期・A3=が23日、取手競輪2日目1Rで1着となり、最年長勝利記録を24年ぶりに更新した。三ツ井は64歳1カ月13日で達成。これまでの記録は、橘内茂夫(引退)が1995年11月9日に立川競輪で達成した64歳17日だった。

この日のレースで、三ツ井は吉沢賢(千葉)を番手で追走。吉沢が最終ホーム4番手からまくると、三ツ井は離れてしまった。しかし、自力を発揮して同3角で追いつくと、その勢いのまま直線で抜け出して差し切った。

出典:デイリー

報道によると、今までの最年長勝利記録だった橘内茂夫選手の64歳17日を1ヶ月近く更新したといいます。

競輪界は他のスポーツと比べ、現役選手の年齢層は高めですが、それを考えても64歳での勝利というのはなかなかできるものではありません。

凄まじい体力と筋力が必要になる競輪という競技で、64歳まで現役を続けられる事自体が常人ではない偉業です。

ちなみに、三ツ井選手の過去のレース動画がありました。

現役最年長とは思えない気合の入ったレース。

ネットからはこれからもまだまだ頑張って欲しい!という声が多く上がっています。

動画あり!三ツ井選手の経歴や引退時期はいつ?

三ツ井選手は、1955/10/10生まれ。45期A級3班所属の競輪選手です。

今期の得点は11月23日時点で66.88

KEIRIN.JPの公式ページによると、身長は170センチジャスト、体重は72キロということです。

三ツ井選手の弟子には、現在も活躍している松井宏佑選手(113期)がいます。

今回の勝利インタビューに対して、三ツ井選手は『嬉しかったけど記録は意識していなかった』とコメント。

また、前記の成績の悪さもあって、引退が近いことを示唆しているものの、まだまだ頑張りたいともコメントしていることから、さらなる最年長勝利記録更新に期待がかかります。

結婚して子供はいる?

年齢からすると結婚をしていて子供がいてもおかしくないですが、公表されている情報に結婚したという報道はありませんでした。

また、同じく子供についても公表されておらず、現時点では不明です。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

競艇選手でも加藤選手と高塚選手が70歳で勝利競輪で三ツ井選手が勝利これからも頑張ってほしいです。三ツ井選手頑張ってほしいです。

これはホント凄い!競輪は自分の脚力一つで左右されるからね ちょっとでも練習サボったらすぐ結果出る 怪我したら元に戻すの大変だし 自分なんか3日レーサー乗らなかっただけでロードで長い距離走ったら乳酸たまって足がパンパン(笑)

もっと大きく報道してあげてほしい。 騎手とかボート・オートレースではなく、競輪だもんなぁ。 凄いことだと思う。

スポンサードリンク