【引退】ブロックレスナーの新日本プロレス観戦と嫁:レナメロ!筋肉はステロイド?

スポーツ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

総合格闘技で活躍したアメリカ出身の格闘家・ブロックレスナー氏が引退したことが分かりました。日刊スポーツなどによると、以下のように報じています。

前WWEユニバーサル王者で元UFCヘビー級王者の「ビースト」ことブロック・レスナー(41=米国)が総合格闘技から引退したことが分かった。4月30日(日本時間5月1日)、複数の米メディアが報じたもので、UFCデイナ・ホワイト社長が「彼は(総合格闘技から)引退したと言った」と明かした。今夏にUFC同級王者ダニエル・コーミエ(40=米国)に挑戦するとも言われていたレスナーだが、UFC復帰は消滅した。

さらにホワイト社長は「コーミエとともに別の方向性に動くつもりだ」とも説明。8月17日、カリフォルニア州アナハイムのホンダセンターで前王者スティペ・ミオシッチ(36=米国)との再戦を計画しているという。レスナーは16年7月、UFC200大会でマーク・ハントと対戦して勝利を挙げたものの、その後に薬物違反が発覚して出場停止処分を受けた。昨年7月に処分が解除され、18年7月にUFC226大会を視察。コーミエがミオシッチを下し、新王者となるとオクタゴン(金網)に入って挑発し合った。コーミエの対戦希望もあり、レスナーのUFC復帰が動きだしたようにみえていた。

WWEでのレスナーは4月の祭典レッスルマニア35大会でセス・ロリンズに敗れ、ユニバーサル王座から陥落したばかり。6月7日にサウジアラビアで開催予定のPPV大会への出場がうわさされている。

2019年現在、41歳になる彼。

2007年の総合デビューあたりは素晴らしい戦績を誇っていたものの、近年は思うように勝てず引退を囁かれていました。

今回は、そんなブロックレスナー選手を取り上げます。


引退!ブロックレスナーの新日本プロレス観戦と嫁:レナメロ

ブロックレスナーといえば、新日本プロレスとも深い結び付きがあります。

2005年1月に東京ドームで行われた興行を観戦したブロックレスナーは日本メディアから注目を浴び、新日本プロレス参戦を予感させました。

結果的に見ると、新日本ではIWGPヘビー級王座に1度輝いており、印象としてはWWEやUFCの選手としてのイメージが強いです。

ちなみに、この当時婚約中だったセイブル(リングネーム)ことレナ・メロも一緒に日本を訪れていました。

現在の妻であるレナ・メロは元女子プロレスラーで、アクション映画などにも出演した経歴があります。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

レスナーには試合内容でかなり忖度しないといけないから日本のプロレス団体は手を出さない方がいい。新日には出禁だろうけど。

新日は、もう手を出さないでもらいたい。
今の新日にはメリットを感じない。
RIZINは手を挙げそうだけど、対戦相手がいないか…。
レスナー本人には、早死にしないように身体を労ってもらいたい。

ピークを過ぎたとは言え、総合でチャンピオンになるとWWEで扱いにくい存在になるから、年齢を考えてプロレス1本の方が稼げるからこの記事が本当なら正しい判断だと思う

筋肉がヤバすぎてステロイドの噂も

ブロックレスナー選手は、その体の大きさゆえ、昔からステロイド使用の噂がありました。

そんな噂が現実のものとなったのが2016年のUFCでのマーク・ハント戦です。

当時ヘビー級8位だったマーク・ハントと対戦した彼は、3対0の判定勝ちを収めたものの、試合後の抜き打ちドーピング検査で陽性反応を示し、ノーコンテスト扱いになりました。

MMAの公式サイトでは、以下のような公式コメントが発表されています。

Last week, USADA confirmed that Lesnar had passed multiple drug tests before failing the one from a June 28 sample. Lesnar was tested eight times in total in the month leading up to UFC 200. He passed the first five tests and now failed at least two of the last three.

いわゆるドーピング検査に複数回引っかかったという内容です。

後に明らかにされた検査結果によれば、検出されたのはクロミフェンだったことが分かりました。

クロミフェンは通常、無排卵症などの治療薬として用いられますが、一方ではドーピング薬としても活躍。

アナボリックステロイドの最終段階で女性化乳房の影響を取り除くために使用されるといいます。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。