【死因:病気(癌)】ピムファーベーク監督が死去 結婚して妻+子供は?

出典:web.ultra-soccer.jp
スポーツ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

オランダ出身のサッカー監督=ピム・ファーベーク氏が亡くなったと報じられました。

ピム・ファーベーク氏はJリーグの京都パープルサンガなどで監督を歴任。

そのため、日本国内でもピム・ファーベーク氏の訃報は大きく報じられています。

今回は、突然の訃報が報じられたピム・ファーベーク氏について取り上げます。


死因:病気(癌) ピムファーベーク監督が死去

この件について、スポニチアネックスなどは以下のように報じています。

Jリーグの大宮や京都で指導歴があるピム・ファーベーク氏が亡くなった。63歳。28日、現役時代にプレーしたオランダ1部スパルタが発表した。

オランダ・ロッテルダム出身のピム氏はスパルタの下部組織からトップチームでプロデビュー。1980年に25歳で現役を引退して指導者に転身した。国内でフェイエノールト、フローニンゲンなどを率いた後、1998~99年に大宮を指導。韓国代表のコーチなどを経て2003年に京都で監督を務めた。その後、韓国代表、オーストラリア代表、モロッコ五輪代表などを指揮し、日本代表と何度も対戦した。

出典:スポニチアネックス

ピム・ファーベーク氏の訃報を報じたのは、オランダ1部のスパルタ。

これによると、2019年11月28日に息を引き取ったとのことです。

死因について詳しくは報じられていませんが、晩年は癌で闘病生活を送っていたことが報じられていたため、これが原因だとおもわれます。

日本のJリーグファンにとっても思い出深い監督であり、63歳という早い旅立ちに悲しみのコメントが多く寄せられています。

結婚はしていて妻や子供はいた?弟は現在なにしてる?

今回訃報が報じられたピム・ファーベーク氏の弟も、日本のJリーグで指揮を取った監督でした。

弟のロバート・ファーベーク氏は2007年から大宮アルディージャで監督を務めていたものの、成績が振るわず解任。

その後はモロッコ代表のテクニカルスタッフを務めているという情報があります。

また、ピム・ファーベーク氏のプライベートについてはほとんど情報がなく、結婚しているのかどうか?奥さんがいるのかどうか?については不明です。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

日本サッカーにとってはゆかりのある人物。63歳は早いなぁ~。ご冥福をお祈り致します。

ガンに侵されていたんでしたっけ?
日本サッカーの発展に寄与していただき、ありがとうございました。
輪廻転生があるならば、来世でまた日本にサッカーを教えに来ていただけることを願います。
ご冥福をお祈りいたします。合掌。

1月にオマーン代表監督として日本と対戦しましたね。
Jリーグやアジアの代表監督を歴任して日本とアジアサッカーの向上に貢献してくれた功労者。
ご冥福をお祈りします

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。