松本泰志の評価と昌平高校の彼女は?走行距離と年俸,プレースタイルを紹介

スポーツ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

つい先日、6月に行われるCONMEBOLコパ・アメリカ・ブラジル2019に向け日本代表メンバー23名が発表されました。

どの選手が選ばれるのか??サッカーファンの皆さんにはとても気になるところだと思います。

今日は松本泰志選手について走行距離や気になる彼女と年俸、プレースタイルをお伝えします。

松本泰志選手はサンフレッチェ広島に2017年に正式に加入となり、ポジションはミッドフィールダーで所属されています。


松本泰志の昌平高校での彼女はどんな人?

芸能人のようなお顔立ちの松本選手。お付き合いしている彼女がいてもおかしくないとは思いますが、残念ながらどこにも情報がありませんでした。
Twitterでのフォロワーさんも5700人を超えていますのでその中の一人にもしかしたら彼女がいるのかもしれませんね。

ちょっとお姉さん系がいいです。女性をリードするのが苦手なので、逆に僕を引っ張ってくれるタイプの女性がいいです。女優さんなら、長澤まさみさんや深田恭子さんなど、きれいなお姉さんがタイプです。

本人のタイプはインタビューで明らかになっています。
今後、テレビ出演なども増えていく可能性もあるかも!?

松本泰志の気になる走行距離はどのくらい?

一般的に12キロ台でも多く、13キロ台はトップクラスと言われる走行距離ですが松本選手はどのくらいなのでしょうか?

フル出場した明治安田生命J1第2節・磐田戦と第3節・C大阪戦は13キロ台の走行距離を記録

リーグトップのデータに対して、松本泰は「そんなに走っている感覚はないんですけどね」と飄々と語る。「高校のときはぜんぜん走れなかったですけど、去年からかなり守備を意識するようになって走る距離も増えてきたかな。誠剛さん(池田フィジカルコーチ)のトレーニングメニューもしっかりやってきたんで当たり負けないようにもなってきているし、13キロ台の距離はキープしていきたいなって思います」

以上本人のコメントからもお分かりの通り、トップクラスのスタミナのある選手。

J1第13節の走行距離ランキングで1位なんて凄いですね。

松本泰志の中学や高校は?

東松山市立北中学校に在学中、クマガヤサッカースポーツクラブに所属後

高校は「技術を生かせるチーム」を自ら志望し埼玉県昌平高校へ入学。

偏差値が52~64と高めな学校です。

サッカー部は新監督になって以来、全国でも活躍する有名チームで在学中から活躍されていました。

・1年の時には第93回全国高等学校サッカー選手権大会に出場
・3年の時は全国高等学校総合体育大会に出場し、準々決勝まで進みベスト4進出に貢献

卒業する前、2016年にはJ1リーグ・サンフレッチェ広島への入団内定が決まっていました。

松本選手の年俸やプレースタイルは?

サンフレッチェ広島に所属し、今年でプロ3年目になる松本泰志選手の2019年の年俸は600万円と公表されています。

2017年380万円
2018年420万円

今年は前年に比べ180万円もアップしています。コパ・アメリカへの期待も込められているのでしょうか?
ぜひ、たくさん活躍してほしいですね。

気になるプレースタイルですが、ポジションはミッドフィールダーで、大切なボランチの役割をしています。

基本的に技術力が高く、テンポよくパスを散らしてゲームをコントロールすることに優れた選手です。

運動量の多さも魅力で、並外れた走行距離が松本泰志選手の強みです。

これはまでには様々なポジションを経験してきたことが活かされているようです。

松本は、広い視野を持って多くの情報をインプットし、的確な判断を下せる選手だ。実行する技術を備えているためにプレーの選択は多彩。その中で、自身の能力をアピールするための決定的な武器となるカットインシュートを持っている。

上記、スポーツ関係者からのプレースタイルについてのコメントです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。